男性浮気率ナンバーワン!? 「先生」たちを浮気に走らせる5つの理由とは

WooRis / 2014年7月2日 17時0分

写真

あなたは、どんな生活環境や背景を持っている人が、浮気率が高いと思いますか?

探偵である筆者(総合探偵社スプラッシュ 代表:今野裕幸)のもとには、数多くの女性から浮気相談が入ります。そこで事例を分析すると、ターゲットとなる男性の職業には、ある1つのキーワードが浮かび上がってきます。

そのキーワードとは“先生”。もちろん一概に先生といっても、世の中にはいろいろな先生がいます。大学教授を含めた教員、医師、弁護士……。

いずれも、世間一般では、“お堅くマジメな印象”がある人たちですが、実際には、浮気をしていることが多い職種でもあります。

では、なぜ先生に浮気が多いのでしょうか? 今回は、先生たちを浮気に結びつける5つの共通項について、筆者が執筆した新刊『浮気がバレる男、バレない女』よりお伝えします。

■1:社会的なステイタスを持っている

社会的なステイタスを得るために、学生時代は遊べなかった人が多いのが特徴として挙げられます。そのステイタスと引き替えに、ストレスを抱える生活環境に陥っていることから、浮気に走りやすい傾向にあるのです。

■2:自由に使えるお金を持っている

浮気するにも、ある程度のお金が必要です。先生は、職業柄、比較的高収入なこともあり、浮気相手とのデートに使える自由なお金を持って、自由に立ち回ることができます。

■3:女性のいる職場

つねに、周りには女性がいる環境であることも共通点として挙げられます。出会いが必然的にあるわけです。

■4:自由な時間がつくれる

配偶者に読みとられにくい時間を作り出すことができます。ある程度、”仕事”と理由をつけて、自由に動ける時間を持っていれば、仕事時間を浮気時間に充てることができます。

■5:既婚の場合、妻に許されやすい

浮気が発覚! となっても、妻の弱みとして、その経済力やステイタスから離婚を決断できない、そんな弱みが存在します。結果として、何度も浮気を繰り返す浮気性の先生が、多発しています。

いかがでしたでしょうか? あなたの周りにいる“先生”も、当てはまっていませんか?

立ち振る舞いやその雰囲気から一見しただけでは分からない、羊の皮を被ったオオカミがあっちにもこっちにもいます。女性のみなさんは、先生という呼び名だけでフラフラ〜となびいてしまわないように、気をつけましょうね。

【関連記事】

※ 遠距離不倫が激増中!現代人の「浮気を促進する」4つの要素とは

※ こうすれば彼の心は離れない!「浮気されないため」の5つの心得

※ 夫婦生活が劇的に変わる!? 妻が知っておきたい男心5個

※ 恋愛の駆け引きはNG?浮気されやすい女性の特徴4つ

※ 女の執念恐るべし…「メールの○○」で夫の浮気相手を特定可能!?

【参考】

※ 今野裕幸(2014)『浮気がバレる男、バレない女』(フォレスト出版)

WooRis

トピックスRSS

ランキング