「腸ブス」を放置したら超ブスに!簡単にできるセルフチェック10項目

WooRis / 2014年7月22日 16時0分

写真

女性の悩みの1つである“便秘”。お腹が重くなるとテンションも下がりますし、さらに2次被害で肌荒れが起きたら、絶望的な気分になりますよね。

でも、もしかしたらその便秘の原因、調子が悪いのに放置されてしまった“腸ブス”によるものかもしれません!

そこで今回は、便秘外来で“美腸ナース”として活躍しているsakiさんに、“腸ブス”のセルフチェックと予防法について、お話を伺ってきました。さあ、あなたの腸の状態も確認してみましょう! 

■日本人の腸と便秘の関係

そもそも日本人の腸は、世界標準と比べると一般的に“長い”という説があるのは、ご存じでしょうか? それは遺伝的なもので、日本人はそもそも食物繊維をたくさん摂っていた種族なので、消化に時間をかける意味もあって腸が長いというのです。

なんと恐ろしいことに、便秘になると、さらにその腸が伸びてしまうのです! その原因は腸に便を溜め込んでしまうから。どんどん長くなれば、流れるスピードも遅くなり、便秘悪化といった最悪のループに。

「ならば今すぐに食物繊維だ!」と思った便秘でお悩みの方、それも実はNGなのです。詰まっている所に、さらに消化の悪い食物繊維を投下したところで逆効果。まずは詰まったものをきれいにしてから、食生活の改善をしましょう。

■“腸ブス”の兆候10項目

では早速ですが、あなたの腸の状態をチェックしてみましょう。今便秘の方も、便秘症候群になりそうな方も、こんな状態ありませんか? 

(1)3日以上お通じがないことがある

(2)お通じがでてもスッキリ感がない

(3)お腹にガスがたまり、張っている感じがある

(4)寝ても疲れがとれなく、だるい

(5)胃がムカムカする感じがする

(6)お腹がすくことがない

(7)肌荒れや肌トラブルが気になる

(8)むくみが気になる

(9)気分がすぐれない

(10)外食やコンビニ食が週の半分以上

以上10項目中3個以上当てはまった方は、腸トラブルの始まりかも! “腸ブス”さんになる前にきちんと対策をしましょう。 

■予防法4つ

では“腸ブス”を防ぐためには、どのようなことをすればよいのでしょうか。

(1)老廃物を流す為にもお水をたくさん飲む

(2)食物繊維をきちんととる

(3)腸のマッサージをする

(4)息を吸うのが5秒、吐くのが10秒というスパンの腹式呼吸をする

この4つがオススメとのことです。まずは始められることから意識してみてください。

いかがでしたでしょうか? あなたはいくつチェックが付きましたか? 当たり前のことが予防法だったりしますが、一人暮らしや仕事が忙しいと意外とできていないものです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング