あなたの写真は大丈夫?「イタくないSNSプロフィール写真」のポイント7つ

WooRis / 2014年7月27日 19時45分

写真

ブログやTwitter、FacebookにLINE……いまや私たちの生活にとても身近になったSNSですが、利用時に避けて通れないポイントになるのが、“プロフィール写真”の設定です。

SNSのプロフィール写真は、ある意味、第一印象を左右してしまう可能性すらあります。どんな写真を使っているかはその人を印象づける重要な要素となのです。

たまに景色だけで人物が写っていない写真を利用している人もいますが、「……誰?」となってしまいますし、かといってキメキメすぎる“セルフィー(自分撮り)”で普段と違いすぎる写真では、密かにドン引きされているなんて可能性も……。

ではいったい、SNSのプロフィール写真には、どのような写真を使うべきなのでしょうか?

今回の記事では英語圏のサイト『TechHive』と『COSMOPOLITAN』の記事を参考に、「イタいなあ……」と思われない、SNSのプロフィール写真のポイントについてご紹介します。

■1:正方形で使うことを考えて撮る

SNSのプロフィール写真は、ほとんどが正方形での表示となっています。撮影する際に、“正方形の写真”として使うことを念頭に置いて構図を決めましょう。

■2:背景はシンプルに

背景がカラフルだと、写真自体にゴチャゴチャした印象を与えてしまう可能性があります。背景はなるべくシンプルにしましょう。 

■3:明るい写真を使う

じゅうぶんな光を使用した明るい印象の写真を選びましょう。光が足りていない印象の写真や、夜間に撮影し暗闇で赤目になってしまっている写真は使わないようにしてくださいね!

■4:アングルに注意

あまりにも上目遣いだったり、下から見上げるように撮っていたりする写真は控えておいたほうが無難でしょう。セルフィーの場合には、額や髪の毛の生え際の高さ程度の位置から撮影してみてください。

■5:ポジティブな写真を選ぶ

あなたの印象を左右する写真ですから、せっかくなので、ネガティブな写真ではなく、ポジティブな印象の写真を選んでくださいね。笑顔の写真はとても素敵ですので、鉄板です!

■6:ピンぼけは御法度

特別な演出を狙っている写真の場合以外は、焦点があっていない写真はなるべく避けておきましょう。“ピンぼけ”の写真だと、どうしても写真全体のイメージがぼんやりしてしまいます。

■7:複数で写っている写真もNG

SNSといえども“プロフィール写真”なので、1人で写っている写真がオススメです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング