コレが夫の本音!「妻と結婚する前に知っておくべきだったこと」6項目

WooRis / 2014年7月29日 7時0分

写真

多くの人が憧れ、夢みる幸せな結婚生活。しかし、結婚後一緒に暮らし始めたら、結婚前には見えなかったさまざまな事実が判明! なんてこともあるでしょう。

その結果、「結婚前よりもっと好きになった!」というラブラブカップルもいれば、「こんなはずじゃなかった……」と嘆くカップルも。でも大多数は、「結婚ってこんなもんなんだ」とよくも悪くも納得して、自然と新しい生活に慣れていくものではないでしょうか。

それでも「結婚前にこうだったと分かっていれば……」と、夫婦ともども思うことがあるようです。そこで今回は、アメリカの主婦系雑誌『Redbook』の記事を参考に、夫からみた“結婚前に知っておきたかったこと”を6つご紹介します。さあ、男性陣の言い分を聞いてみましょう。

■1:両親など互いの家族からの干渉

どうやら、家族の問題で悩むのは妻だけではないようです。しかも夫の場合、義家族よりも自分の家族からくる干渉に悩まされる場合も多そう。

結婚式の形式からいつ子どもを産むか、孫の名前、教育、果ては誰が家事をすべきかなど、舅・姑を始めとする家族・義家族が、さまざまなことに口出ししてくる場合もあります。

結婚前にお互いの家族について学ぶ努力をし、2人で協定を作っておくのがよいかもしれません。

■2:妻の期待の大きさ

「結婚前と違うんだから、誕生日や記念日にアレコレ期待するな!」と夫たちの多くは思っているようです。しかも、欲しいもののヒントだけではっきり言わないとなると、夫は困るだけ。

恋愛感情は努力しなければ消えていきますが、結婚後まで過大な期待を抱くのも考えもの。お互い現実を見据えつつ、結婚生活を楽しく続ける努力をしたいものですね。

■3:生活の劇的な変化

「妻が出産後、仕事をやめて専業主婦に。家族の生活のすべてが自分にのしかかっているような気がしてつらい」とのこと。夫たちにも、いろいろ悩みはあるのです。

結婚して子どもが生まれたら、心配ごとや悩みごとが増えるのは自然なこと。あまり悩みすぎずに、夫婦で協力し、話し合って問題を解決していきましょう。

■4:妻の悪いクセ

相手について疑問に思っていることがあれば、結婚前に解決しておくのが無難。うやむやにしておくと、毎日一緒に暮らす結婚後はそれが何倍も気になってきます。でも、これはお互いさまである場合も多いよう。

妻が「片付けない」「夜遊びが多すぎる」「平気でオナラをする」など、夫の悩みもいろいろ。ケンカしたくないがどうしても気になる、という場合、冷静かつ正直に話し合ったほうがよいでしょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング