ダイエット中は絶対避けて!食べると「お腹がどんどん太る」フルーツ5つ

WooRis / 2014年8月7日 7時30分

皆さんは、フルーツは好きですか? ヘルシーでダイエットの味方になる女性に嬉しい食べ物ですが、全てのフルーツがそうとは限りません。中にはお腹周りをどんどん太らせる“恐怖のフルーツ”があるのです。また、同じフルーツだとしても食べ方次第で太ってしまうことも。

耳を疑うような話ですが、今回はアメリカの健康サイト『LIVESTRONG』を参考に、お腹周りをどんどん太らせてしまうフルーツ5つと、フルーツの太りにくい食べ方をご紹介します。

■“フルーツがダイエットに良い”ってホント?

フルーツはヘルシーでダイエットに良いというイメージからか、朝ごはん代わりにスムージーにしたり、大量に摂取したりする方もいらっしゃるでしょう。ですが、実はそれが太る原因になっているかもしれません。

同じ和食でも、みそ汁なのかトンカツなのか、と同じように、フルーツでも種類によっては、ダイエットどころかどんどん太ってしまう種類もあるのです。

■お腹周りを太らせてしまうフルーツとは

お腹周りを太らせやすいフルーツがあります。それは、バナナ、パイナップル、マンゴー、デーツ、グレープの5つです。

この5つがお腹周りに悪影響を及ぼす理由は、糖分が高いことと、ソルビトールという甘味が含まれていてそれが胃腸内でガスを貯める原因となるからです。そのため、体重の増加と、腹部周りを太らせる原因となるのです。

とくに、バナナとマンゴーはデンプンが豊富に含まれていて、デンプンは糖質の1つなので、食べすぎには注意が必要です。

■痩せる食べ方、太る食べ方とは

フルーツの中には糖分がとても高いものがあるという説明をしましたが、食べ方次第で太るとも限らないといいます。 

たとえフルーツの実に高い糖分が含まれていたとしても、周りの皮は食物繊維が豊富なものもあり、この食物繊維は体重増加の原因となるインスリンのレベルを下げてくれる効果があります。つまり、皮ごと食べれば、太りにくいフルーツもあるのです。

ただし、先程ご紹介した、5つのフルーツは皮ごと食べられないので、糖分だけが身体に吸収されて、太ってしまうというわけです。

■ダイエット中に食べたいフルーツは

まず、新鮮なフルーツを選んでください。缶詰は、糖分が高いので避けましょう。

ダイエット中にオススメなのは、柑橘系やベリー類の甘味の少ないフルーツ。もし、甘いフルーツを食べたい時には、皮もできるだけ一緒に摂取しましょう。

以上、いかがでしたか? フルーツは身体に良いヘルシー食品です。しかし、食べすぎは体重増加の原因となるので注意しましょう。とくに、最近ですと、グリーンスムージーで体重が増えたという声もよく耳にします。とくにダイエット中は、今回ご紹介した5つのフルーツは避けてくださいね。

【関連記事】

※ これだけは改めて!「つい食べ過ぎてしまう人」に共通するある習慣とは

※ ポテチ一袋食いの悲劇!塩分による「むくみ顔」をすっきり解消する方法

※ 後悔しても間に合う!食べ過ぎを「なかった事にできる」方法とは

※ 一体何が違うの?「頑張らなくてもやせてる人」の生活習慣10個

※ サラダやプロテインバーもNG?体重を増やすヘルシー食品10個

【参考】

※ 5 Fruits You Should Not Eat to Reduce Belly Fat – LIVESTRONG

WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング