泥酔した翌朝はコレ!二日酔いを軽減する「スーパー朝食」のメニュー

WooRis / 2014年8月19日 17時0分

写真

お酒を飲んだ翌朝はつらいですよね? 二日酔いの頭痛、吐き気に悩んだ経験が、みなさんおありではないでしょうか。そんな時は、薬に頼る前にできれば自然に素早く治したいですよね。 

そこで今回は、英語圏の情報サイト『NaturalON』を参考にして、二日酔いを撃退する“スーパー朝食”に取り入れたい食材をご紹介しますね。

■1:たまご

たまごに含まれるアミノ酸は、お酒の毒素を分解します。同様に多く含まれるビタミンBも二日酔いの症状を和らげてくれるそうです。

■2:コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインは、頭痛を和らげてくれます。

■3:トマトジュース

トマトジュースに含まれる糖分は、肝臓の働きを助け、二日酔いの低血糖を改善する効果があります。

■4:ベーコン&フライドポテト

ベーコンやフライドポテトの脂は、体内のアルコールを吸収してくれるそうですよ。

■5:ココナッツウォーター(ミルク)&レモン水

ココナッツウォーターやレモン水は、スポーツドリンクと同じ働きをしてくれるといいます。

■6:バナナ

バナナは消化吸収が良いうえ、二日酔いによる体の震えなどをおさえるカリウムが豊富です。

■7:キウイフルーツ

キウイフルーツには、ビタミンC、カリウムの他にも、食べ物をエネルギーに変えるリンが豊富に含まれています。

■8:グリーンアスパラガス

グリーンアスパラガスには、アルコールを消化する酵素が含まれていることが分かっています。

■9:ショウガ

ショウガは、消化を助け、おなかにたまったガスを体外に出し、何と吐き気を止める作用もあります。

以上、二日酔いを撃退する“スーパー朝食”に取り入れたい食材をご紹介しましたが、いかがでしたか?これらの食材を使った“スーパー朝食”として、筆者なら、たとえばこのようなメニューが考えられます。

メニュー例:ベーコンエッグ、トマトジュース、ゆでたグリーンアスパラガス、ココナッツミルクと刻んだバナナ入りのシリアル、キウイフルーツ、コーヒー

あなたもこれを参考にして、自分に合った組み合わせを考えて、二日酔いを朝食で撃退できるようチャレンジしてみてくださいね。

【関連記事】

※ ダイエットや美容も考えて!女性にピッタリな二日酔い対策まとめ

※ ゆずが効く!起きたらぐったり「二日酔い」解消の必殺テク3つ

※ お風呂はダメ!実は間違っている「超危険な二日酔い対策」3つ

※ シジミの5倍も!? 二日酔い・夏バテ対策には「キノコ」が良い

※ 酒の種類だけではない!「二日酔い」の原因になる心理状態5つ

【参考】

※ 15 Foods to Help Reduce Hangover Symptoms – NaturalON

【画像】

※ Image courtesy of FrameAngels.net/Free DigitalPhoto

WooRis

トピックスRSS

ランキング