「脱水症状」を防ぐ最適な方法は○○でのこまめな水分補給と判明

WooRis / 2014年7月25日 12時0分

写真

いよいよ夏本番です。この時期は、脱水症状になりやすい時期。重症化すると命を落とす恐れもあるほど危険な症状なので、甘く見てはいけません。

ただ、小まめな水分補給が大切だと分かっていても、忙しさや面倒くささで、軽度の脱水状態に陥っている人も意外に多いのではないでしょうか? のどの渇きを感じている時点で、既に脱水症状が始まっているといいます。

そこで今回は、自分でわかる脱水症状のサインと、それを防ぐために心掛けたい、水分補給のポイントをお伝えしたいと思います。

■自分でわかる“脱水症状のサイン”

『WooRis』の過去記事「夏のむくみの原因はコレ!気をつけるべき“脱水症状”10個」を参考に、自分でわかる脱水症状のサインをみていきましょう。

(1) 疲労感

なんだかだるさが続くなあと感じたら、それは体内の水分が不足しているサイン。水分不足により、血液の巡りが悪くなり細胞に酸素が行き届かなくなってしまうのです。

(2) 便秘

腸に十分な水分が行き届かなくあると、腸の動きが遅くなって便が固く乾燥し、便秘になってしまいます。

(3) 肌の弾力性の低下

肌を突いてみて戻りが速いかどうか確認してみてください。戻るのが遅く弾力性がないと、脱水症状の可能性があります。

■脱水症状を防ぐには、定期的に水を飲む習慣づけが大切

脱水症状を防ぐには、定期的に水を飲む習慣づけをすることが大切です。とはいえ、ミネラルウォーターを常備しておこうとしてもうっかり切らしてしまうことも多いでしょう。お店まで買いに行くのは手間ですよね。

定期的に水を飲む習慣のためにおすすめなのが、ウォーターサーバーを導入すること。その理由としては、

(1) 水道水よりもおいしい

(2) 浄水器と違って常に冷たいので、真夏でも清涼感が得られる

(3) 市販のペットボトル入りミネラルウォーターと違って、買い忘れがない

というメリットが挙げられます

24時間いつでもレバーを倒せば、新鮮で冷たい水がグラスに注げます。思わず手が伸びるほどおいしく冷たい水であれば、自然な形で水分補給の習慣がつきますよね。高齢者やお子さんなど脱水症状、熱中症に特に注意したいご家族がいる場合には、なおさら重宝します。

■優れたウォーターサーバーが、日本にはそろっている

日本のウォーターサーバー市場は現在、有力な企業が激しい競争をしているので、かなりレベルが高くなっています。『アクアクララ』というウォーターサーバーは、不純物を取り除いた純水にミネラルを加えバランスを調整した水でモンドセレクション最高金賞を受賞しています。

現在その『アクアクララ』が、ウェブサイト限定で『アクアクララ工場見学』という動画を製作、公開しています。ナレーションは、国民的人気アニメやバラエティ番組でよく声をきく大御所声優の若本規夫さん。若本さんの見事な解説で、おいしい水が作られる“秘密”を楽しく知ることができます。『アクアクララ』の製造工程がよく分かる内容ですので、ウォーターサーバーの魅力をもっと知りたい人はチェックしてみてくださいね。

以上、自分でわかる脱水症状の兆候と、水分補給の習慣づけのコツについてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか? ウォーターサーバーは手軽でおいしいので、水分補給の習慣が身に付きやすい理想的なツールの1つです。特に水道水が飲みづらい都市部に住んでいる方は、利用を検討してみるといいかもしれませんね。

【参考】

※ WEB限定MOVIE「アクアクララ工場見学」

WooRis

トピックスRSS

ランキング