テカリの原因は水分不足?増加している「隠れ乾燥肌」に要注意

WooRis / 2014年8月20日 16時0分

写真

夏は日差しが強く、汗などで顔のべたつきやテカリが気になりますよね。普段はお肌が乾燥しがちでも、夏になるとべたつくということはありませんか? 実はその顔のべたつきやテカリの原因には、汗だけでなく“お肌の乾燥”が大きく関わっているのです!

そこで今回は、美容カウンセラーである筆者が、“夏に起こりがちな肌トラブル”とその対策について紹介します。

 

■お肌のべたつきやテカリは水分不足が原因

夏は、気温が高くなり皮脂の分泌が増え、お肌がべたついたりテカリを感じやすくなったりします。べたつきが気になるその原因のひとつとして、お肌の水分が不足していることがあげられます。

実は夏はお肌の水分が不足しやすい季節。紫外線や冷房の影響によりお肌の水分が蒸発しやすくなり、お肌の水分が不足して、その分皮脂の分泌が過剰になるためお肌のコンディションが悪くなってくるのです。

 

■実は増えている“隠れ乾燥肌”

現代女性のなかでとくに夏の間に増えているのが“隠れ乾燥肌”。見た目は皮脂の分泌が過剰でオイリー肌のように見えるけれども、実は乾燥している肌のこと。先ほどもあげたように、デスクワークをしている方などは冷房の影響によりお肌が想像以上に乾燥していることがあります。

なんとなく夏は湿度が高いためお肌がしっとりしているイメージがあり、保湿よりも美白ケアを優先的に行っている方が多いのではないでしょうか? 美肌の根本はお肌の油分と水分を均等に保つこと。そのため“保湿を怠る=お肌のバランスが崩れる”となってしまうのです。

 

■毎日のメイクもお肌に負担をかける原因になっていた!?

女性はほとんど毎日メイクをしますよね。実はこの毎日のメイクがお肌への負担のひとつとなっています。メイクをする際に気を付けたいことは、よく動かす部分は厚く塗り過ぎないこと。ただでさえ、動かす部位は化粧崩れが起きやすいですよね。さらにこの時期は汗をかくので、さらにメイクが崩れやすくなってきます。

メイクが崩れるとともに皮脂が混じり大気中のホコリや汚れなどがつきやすくなります。それがお肌に負担をかける原因となってしまっているのです。

 

以上、“夏に起こりがちな肌トラブル”についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

熱中症対策として水分補給が重要と言われていますが、こまめに水分補給をすることはお肌にとってもプラスになります。お肌が乾燥している人は体内の水分が足りていないことが多いので意識して1日少なくとも1.5L程の水やお茶を飲むようにしましょう。

そして、大切なのがスキンケア。夏はべたつくからといって乳液を避けがちですが、乳液は化粧水でお肌に補給した水分を蒸発させないフタの役目を果たしてくれているので、セットで使うようにしたいもの。夏でも十分な乾燥対策を行い、美肌を保ちたいですね。

 

【関連記事】

※ 素足にサンダルはNG!? 「冷房病」を回避して夏を快適に過ごすコツ

※ 女性に増加中!数値は正常なのに体調が優れない「隠れ貧血度」チェック

※ 長引く原因不明の発熱…それって「HIV感染」の初期症状かも?

※ とくに女性は警戒すべき!3つの「身近で怖い病気」と予防法まとめ

※ アソコを測るだけ!病気になる前にやるべき「メタボ」セルフチェック方法

WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング