美肌効果も台無しに!話題のコスメ「HDパウダー」使用時の注意点

WooRis / 2014年9月10日 21時0分

写真

ハイビジョン撮影に耐える美肌を演出してくれると話題のコスメ“HDパウダー”をご存じですか? ビデオ等に写ると、きめが細かくツルンとしたスッピン風び肌を作り込め、ファンデーションよりも本格的な肌に仕上げられると人気です。

このHDパウダーは肉眼では無色透明にしか見えないもの。でも、カメラのフラッシュがたかれた写真では、白く浮き上がって写ってしまうという欠点があるんです。お友達の結婚式などで、せっかくきめ細かい美肌を作ってウキウキで写真を撮ったら、“小麦粉顔”に仕上がっていたなんてこと……絶対に避けたいですよね。

そこで今回の記事では、美容研究家の筆者がHDパウダーを上手に使用するコツをご紹介します。

■1:“フラッシュ”で写真を撮る日には使わない

HDパウダーは肉眼では小麦粉っぽく見えませんが、フラッシュによって小麦粉のように顔に浮かび上がってしまいます。ですので、フラッシュを使って写真を撮るような室内の結婚式や室内のパーティなどで使うのは不向きです。

■2:使う量は少量にする

HDパウダーは粒子が細かいことから毛穴やシワを隠す効果が高く、さらさらの美肌に仕上げてくれます。

日本の美容雑誌では、フィニッシングパウダーやコンシーラーの代わりに使うことを推奨している場合が多く見られます。ただ、時間が経つと崩れやすい欠点もありますので、使用するときは少量にするよう気をつけましょう。

■3:ビデオ撮影や普段使いには最適!

HDパウダーはハイビジョン撮影に耐える美肌づくりを目的として作られただけあって、フラッシュがないビデオ撮影や肉眼で見た仕上がりはファンデーションを超える美肌に仕上げることができます。

むしろファンデーションで仕上げると粉っぽくなってしまったり、きめの細かさが出せないという日はHDパウダーの力を拝借すると簡単に美肌に仕上がりますよ。

以上、日常生活でHDパウダーを上手に使用するコツについて3つご紹介しましたが、いかがでしたか?

日本でも市販されていますので、美意識の高い人たちからはコスメ情報サイトなどでもその評価が高いHDパウダー。

肌色を選ばずにシワや毛穴を隠し、瞬時に美肌に仕上げてくれるので、コスメ好き女子であれば必須アイテムともいえるのですが、一方でカメラのフラッシュ写真では小麦粉をはたいた写真になってしまう欠点や、少々崩れやすい点をうまくコントロールして使用してくださいね。

上手に使えば、瞬時に美肌を作れるお助けアイテムなので、シーンを選んで賢く使っていきましょう。

【関連記事】

※ やっちまっても大丈夫!二日酔いを乗り切る「秘密のビューティーテク」

※ 平面顔が立体的に!「顔ちっちゃいね」と言われる小顔メイク術3つ

※ これで老け顔を回避!誰でもできる「若返りメイク」のコツ5つ

※ 重ね塗りは御法度!気温が上がる時期の「メイク崩れ防止テク」6つ

※ これで「印象ブス」を回避!あなたの第一印象を劇的にアゲるメイクテク

【参考】

※ Mystery Solved: White Powder on Celebrity faces – beautygeeks

WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング