30秒アレするだけ!ぽっこりお腹を引き締める「ドローイングダイエット」とは

WooRis / 2014年9月14日 16時0分

写真

秋になったとはいえ、まだまだ薄着をする日も多いこの季節。そんな時、やはり気になることといえば体型ですよね。とくに気になる部分で多い場所といえば、お腹まわり。痩せている人でも、お腹だけが気になるという人も多くいます。

そこで今回は、管理栄養士の筆者が、効率良くお腹まわりを引き締める方法について、ご紹介します。

■継続しやすいエクササイズは“有酸素運動”

特別な道具が必要だったり、腹筋や背筋のようにきついエクササイズだったりすると、「運動器具がないからできない」「忙しくて時間がないからできない」と諦めてしまったり、三日坊主になってしまったり、ということも多いでしょう。

ダイエットには継続が一番大事ですので、負荷が一度にかからず、日常生活の中で行いやすいウォーキングや自転車といった“有酸素運動”がオススメです。

■オススメは“ドローイングダイエット”

ただし、様々なダイエットにチャレンジしている人の中には、比較的飽きやすい性格の人もいるので、いろんな種類の有酸素運動を試すことがエクササイズを継続させるコツです。

その中のひとつである“ドローイングダイエット”は、数ある有酸素運動の中でも、ぽっこりお腹を改善させるオススメのエクササイズです。

■1回30秒だけお腹を引き締めるエクササイズ

エクササイズといっても激しく動く必要はありません。ドローイングダイエットは、1回30秒間お腹をへこませた状態をキープするだけのお手軽なもの。電車の中や仕事中、また信号待ちをしているときなど、どこでも行うことができるので、時間を拘束されることはありません。

腹式呼吸で30秒間お腹がへこんだ状態をキープさせ、大胸筋を中心にインナーマッスルを鍛えるというもので、代謝アップに繋がります。

コツは、鼻から息を吸い込み、口から息を吐くときにお腹と背中をくっつけるように意識してお腹をへこませること。あとは、息をとめないで30秒間それをキープするだけです。

以上、効率良くお腹まわりを引き締める“ドローイングダイエット”の方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ドローイングダイエットは、準備や時間など関係なくできるエクササイズです。また、お腹以外にも肛門も一緒に引き締めることでより腹筋を鍛えやすくしてくれます。ヒップアップにもオススメです。

今行っているエクササイズに飽きてしまった方、新しいダイエットを探している方は、ぜひ今すぐ試してみて下さい!

【関連記事】

※ 素足にサンダルはNG!? 「冷房病」を回避して夏を快適に過ごすコツ

※ 女性に増加中!数値は正常なのに体調が優れない「隠れ貧血度」チェック

※ 長引く原因不明の発熱…それって「HIV感染」の初期症状かも?

※ とくに女性は警戒すべき!3つの「身近で怖い病気」と予防法まとめ

※ アソコを測るだけ!病気になる前にやるべき「メタボ」セルフチェック方法

【姉妹サイト】

※ 食欲の秋は目前!今すぐ始める「動かずにできる」痩せやすい体作り術

※ 凛とした美人に!沢尻エリカに学ぶ「負けない女メイク」3つの秘策

WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング