なんと!意外と知られてない「妊娠が髪の毛におよぼす」3つの変化とは

WooRis / 2014年9月25日 21時0分

写真

妊婦さんの髪の毛にはどのような変化があらわれるか、意外と知られていないことでしょう。パーマはかけてもいいのでしょうか? カラーリングはしても問題ないのでしょうか?

そこで今回は、ヘアースタイルや髪の毛に関しての専門サイト『Latest Hairstyles』の記事を参考に、“妊娠中の髪の毛に関する3つの変化”についてお伝えします。

妊娠中の方、あるいはこれから妊娠の予定がある方は、ぜひチェックしておいてください。

■1:妊娠中の髪の毛は濃くなる

エミー賞のスタイリスト部門を7回も受賞しているアンドレ・ウォーカーさんによると、妊娠中は女性ホルモンの分泌量が多くなるため、髪の毛の量も増えるし、伸びるのも早くなると言います。

妊娠中、美容院に行くタイミングを、出産のタイミングから逆算しておいたほうが良いかもしれません。その時に、いつもよりちょっとだけ髪の毛が伸びるのが早くなるのを計算しておいてください。

■2:出産後に髪の毛が薄くなる

妊娠中に増えた髪の毛は出産すると、残念ながら逆に薄くなってしまいます。UCLAの皮膚科専門医のターニャ・コーメイリさんによると、出産3ヶ月後くらいの女性の40%〜50%くらいは、髪の毛が薄くなるという経験をすると言います。しかし、この薄毛も、数ヶ月の内にはもとに戻るようなので焦る必要はないようです。

■3:妊娠すると頭皮が敏感になる

スタイリストのアヴィ・エルカヤムさんによると、妊娠中の女性の頭皮は、非常に繊細になっており、例えば髪を染めるなどしたい時は、部分的にするなどできるだけ頭皮に負担のかからないようにしたほうが良いと言います。

これは、毛染めなどの染料が敏感になった頭皮にダメージを与えることがあるからということです。ですので、毛染めやパーマはできれば避けておいたほうが良いかもしれません。

以上、“妊娠中の髪の毛に関する3つの変化”でしたがいかがだったでしょうか。妊娠すると、意外にも髪の毛や、頭皮にまでその影響がでるようです。

出産後も、赤ちゃんのお世話などで、とても美容院に行くような時間はないと思いますので、髪の毛のお手入れは、妊娠時期から計算して行ってください。

【関連記事】

※ 妊婦さんは要注意!歯周病は早産のリスクを7倍も高めると判明

※ これからママになる方必見!妊婦と危険な関係の食品まとめ

※ 流産のリスク増大!妊婦が「生チーズ」に注意すべき理由

※ 妊婦さんがロコモ状態?安静にしすぎだと筋肉が衰えちゃう弊害も

※ 生まれた時からグングン成長!赤ちゃんの脳を育てる3つのポイント

【姉妹サイト】

※ なるほど!働き続ける女性が「妊娠前に」ぜひ鍛えておきたい部分3つ

※ ギャン泣きする赤ん坊にイライラせず気持ちが楽になる方法があった

【参考】

※ Pregnancy Hair Facts And Myths Every Pregnant Gal Should Know – Latest Hairstyles

WooRis

トピックスRSS

ランキング