涼しくなっても眠れないのは何故?「安眠を妨げる」4つの悪習慣とは

WooRis / 2014年9月25日 7時30分

写真

やっと残暑もさって、心地いい季節になってきました。寝苦しさから解放されて、ホッとしている方も多いのではないでしょうか? 

でも、快適で眠りやすくなったはずなのに、なぜか睡眠不足。ベットに入ってからも、あっちを向いたり、こっちを向いたり、しまいには起き出して冷蔵庫をのぞいたり……ということはありませんか? 

そうなると、翌日がツラいですよね? でもイマイチ原因が分からないという方々のために、今回は英語圏の女性情報サイト『OPRAH』を参考にして、あなたの睡眠を妨げているかもしれない行動を4つ、お伝えしますね。

■1:夜のコーヒー

アメリカのヘンリー・フォード病院の最近の調査によると、寝る前のコーヒーは寝不足のもとだそうです。寝る6時間前に、1杯のコーヒーを飲んでしまうと(約400ミリグラムのカフェイン)最低でも、眠りが1時間は少なくなってしまうそうです。コーヒーを飲むのは、夕方の5時くらいまでにしておきましょうね。

■2:ベットでのスマートフォンやタブレット

あなたは、スマートフォンやタブレットをベットに持ち込んで操作していませんか? スマートフォンやタブレットの出す光は、眠くなるホルモン“メラトニン”の製造を抑制してしまうのだそうです。

アメリカ・ミネソタ州にあるメイヨー総合病院の調査によると、スマートフォンやタブレットを最低でも顔から35センチ以上は離し、スクリーンを暗くするとよいとのことです。

■3:遅い夕食

あなたはいつも何時に夕食をとりますか? 夜遅くに夕食を食べると、寝ようとしてもお腹がいっぱいで眠れなかったことがありませんか? これは、食後に体が消化吸収活動をしているので、かえって目が覚めてしまうということなんだそうです。

もちろん仕事などでやむを得ない場合もあるとは思いますが、安眠のためには、できるだけ夕食は寝る3〜4時間前までにしておきましょうね。

■4:タバコ

タバコが健康全般によくないことはもう常識ですが、タバコは眠りにも影響します。オソロシイことに、タバコを1本吸うと眠りが約1〜2分短くなるそうです。

しかもそれだけではなく、スモーカーはノンスモーカーに比べて、熟睡の時間がかなり短いこともわかっています。安眠したければ、タバコはやめておきましょうね。

以上、あなたの睡眠を妨げているかもしれない4つの習慣でしたが、いかがでしたか? 思い当たることがありましたか? みなさんもこれを参考にして、“秋の夜長”ではなく“秋の熟睡”を手に入れてくださいね。

【関連記事】

※ うっかり食べ過ぎてない?タバコや睡眠不足よりも「お肌に悪い食品」5つ

※ そうだったのか!睡眠途中に「謎の目覚め」を引き起こす意外な原因4つ

※ 寝る前にやったらダメ!「知らずに睡眠の質を下げている」NG習慣3つ

※ 最悪睡眠障害にも!体内時計を狂わせる「白い蛍光灯」のリスク

※ 放置したら成績ガタ落ち!「子どもの睡眠不足」チェックリスト9項目

【姉妹サイト】

※ 内側からスッキリ!仕事で溜まった疲れを流す「デトックスフード」6つ

※ たった3秒だけ!日常生活で「ムッチムチ下半身」が細くなる裏ワザ

【参考】

※ 4 Bad Habits That Sabotage Your Sleep – OPRAH

WooRis

トピックスRSS

ランキング