1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「1回寝てその場を離れる」悩みにぶち当たったときの対処法【芦田愛菜×大竹しのぶ】

ウートピ / 2021年8月30日 20時0分

写真

居場所を失った17歳の少女・ユイがたどりついたのは海の見えるちょっとふしぎな古民家“マヨイガ”だったーー。

岩手県に伝わる訪れた人をもてなす伝説の家“マヨイガ”を舞台に、ある事情で家出してきた17歳の少女・ユイ、両親を事故で亡くしたショックで声を失った8歳のひより、ふしぎなおばあちゃん・キワとの共同生活を描いた映画『岬のマヨイガ』が8月27日(金)に公開されました。

主人公のユイを芦田愛菜(あしだ・まな)さん、ユイとひよりが出会って一緒に暮らすことになるおばあちゃん・キワを大竹しのぶ(おおたけ・しのぶ)さんが演じています。

芦田さんと大竹さんにお話を伺いました。前後編。

【前編】たとえ血がつながっていなくても…自分を救ってくれるものの存在

つらいことや壁にぶち当たった時は…

——ユイもひよりも過去のつらい出来事を抱えて生きています。生きていると、悩むことやつらいこと、傷つくこともありますが、どんなふうに向き合いますか? 無理に乗り越えようとしないという答えもあるかもしれないですが……。

大竹しのぶさん(以下、大竹):映画でも描かれていたように、やっぱり人の優しさに救われるんじゃないかな。ユイやひよりもそうですが、もしかしたらキワおばあちゃんも寂しかったのかもしれない。血がつながっていないけれど3人は家族になった。やっぱり人の優しさが何よりも救いになったのかなと思います。

芦田愛菜さん(以下、芦田):すてきなことを聞いたあとで申し訳ないのですが……。私は1回寝ます。1回忘れて違うことをしてみる。私はまだ大きな悩みにぶち当たったことはないので、おそらく分からない部分もあると思うのですが、1回離れてみると意外と大したことないなと冷静になったり、「こうしたらうまくいくんじゃないか?」と違うアイデアが出てきたりすることもあります。とりあえず忘れて寝てみたり、気が向くことをやってみたりします。

大竹しのぶ「遊びも仕事も一生懸命楽しむ」

——コロナ禍でいろいろストレスがある中で、マヨイガのような場所でゆっくりと休んだり、自分を見つめ直したりしたい人も多いと思います。そこでお二人に、忙しい毎日で自分を見失わないでいる方法を伺いたいです。

大竹:忙しさで言ったら、きっと愛菜ちゃんのほうが忙しいよね。学校もあるし勉強もあるしお友達とも遊びたいだろうし。もちろん撮影や芸能界のお仕事もあるだろうし。私も高校生のときに朝の連続テレビ小説に出ていて3時間だけ学校に行って、あとはずっとNHKに通う生活をしていましたが、それでも撮休の日曜日はみんなで野球大会とかやっていました。すごく体力があったなあと思うし、遊びも仕事も一生懸命楽しくやっていたなというのは思い出しますね。でも今も若い頃とそんなに変わらないです。とにかく楽しみたいタイプなので。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング