1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

車は? ペットは? 別れたらどうなる? 法律婚と事実婚の違い【後編】

ウートピ / 2021年9月13日 20時0分

——面白いですね。

事実婚における「共有財産」の考え方

——財産についてもう少しお聞きしたいのですが、事実婚の場合は「共有財産が発生していない」ということでしょうか?

齋藤:法律婚であれば、共有財産が100%認められますが、事実婚の場合、パートナーによっては、「共有財産はない」と主張されかねません。ただ、前回も申し上げたように、“準婚理論”を立証できれば、共有財産という形が認められます。ちなみに、個人で入った保険や投資で得た利益なども、すべて共有財産になります。

——ということは病気になって保険金が下りた場合は?

齋藤:法律婚では共有財産になりますが、事実婚でも準婚理論を噛(か)ませると共有財産という体に持っていけます。

——犬や猫などのペットは?

齋藤:ペットも共有財産になりますが、半分にはできませんよね。法律婚であれば、「ペットはもらっていくけど、お金は払って」という話がしやすいですが、事実婚だと、「俺がお金を払ったから、もらっていく」という一方的な話になりかねません。ペットだけではなく、自動車や不動産、家具、家電など、半分に分けることができない財産は、「離婚する時にどちらの所有物になるか」という点で、トラブルになりがちです。

——配偶者控除と、パートナーや子供に関する扶養手当についても教えていただけますか?

齋藤:配偶者控除は法律婚の配偶者のみに適用される制度です。事実婚は法律上の配偶者ではないので、関係ありません。ただ、所得税法上の配偶者という概念は、「民法の規定による配偶者であること(内縁の人は該当しない)」「納税者と生計を同一にしていること」とされています。事実婚でも納税者と生計を同一にしており、“準婚理論”を立証できれば、適用されることもあります。

また、扶養手当についてですが、事実婚のパートナーが「何らかの事情で働けなくなった」場合、扶養手当の対象にしたいところですよね。“準婚理論”を立証できれば条件によって社会保険の扶養に入ることが可能です。ちなみに、児童扶養手当は、ひとり親でもふたり親でも関係なく支給される手当なので、事実婚でも法律婚でも関係なく受給することができます。

——今までのお話をまとめると、「法律婚でも事実婚でも義務や権利にそれほど差異はないが、法律婚のほうが楽なことが多い」ということでしょうか?

齋藤:日本は法治国家ですので、法律婚のほうが楽だとも言えますが、今は女性も外で働く時代です。社会情勢が変わっているのに、昔と同じ制度を使っているので、正直、どちらのほうが良いとは一概には言えません。財産分与請求権についても、「自分で稼いでるから権利はいらない」という女性はたくさんいますから。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング