1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

【真木あかりのおやすみ占い】12月26日~1月1日

ウートピ / 2021年12月26日 21時15分

写真

今日という1日を終える時、あなたはどんなことを考えますか。何もない普通の日でも、問題続きの日々でも、明日もそれなりに自分らしく元気であるためには、おやすみ前に考えることってけっこう大事です。

カギは、ダメだったことや嫌なことを思い出すのではなく、よかったことを数えて「明日、いい1日にしよう」と思って眠ること。寝ているうちに、脳が記憶を整理しながら明日への準備をしてくれます。そして運も整っていきます。

この「おやすみ占い」は、日曜更新です。月曜から始まる1週間を思いながら、おふとんの中で考えを巡らせると運気向上につながるポイントをご紹介します。もちろん平日に考えても構いません。おふとんから作るあなたの新しい1日が、良いものでありますように。

真木あかりより

きになる星座をチェック

■おひつじ座(3/21〜4/20)
□おうし座(4/21〜5/21)
■ふたご座(5/22〜6/22)
□かに座(6/23〜7/23)
■しし座(7/24〜8/23)
□おとめ座(8/24〜9/23)
■てんびん座(9/24〜10/23)
□さそり座(10/24〜11/22)
■いて座(11/23〜12/21)
□やぎ座(12/22〜1/20)
■みずがめ座(1/21〜2/19)
□うお座(2/20〜3/20)

おひつじ座(3/21〜4/20)

直感が冴えてきます。理屈ではなく、計算でもなく、なんとなくひらめくことがあるのです。年末年始は、来し方行く末がさまざまに胸をよぎるとき。会いたい人の顔や叶えたいことが心のなかに現れては消え、消えては現れたりするかもしれません。終わりは始まりの一部で、できなかったことは「これからできるようになること」なのだろうと思います。会いたくて会えずにいる人も、今は会うまでの途中だったりするのでしょう。そんな不思議な感覚をともなう、静かな年明けです。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
この1年、頑張ったことを振り返る

星座の一覧に戻る

おうし座(4/21〜5/21)

ひとつの希望が見えてきそうです。願いはまだ叶っていなくても、まだまだ頑張らなければいけないことだらけだったとしても、未来はきっと明るいに違いないと、思える力があなたにはあります。もし可能であれば、「何をするか」よりもまず「誰とするか」を考えてみてください。仲間と呼べるような人、ともにビジョンを共有できる友達。特定の誰かではなく「こういう人と、いい1年にする」と思い描いてみるのもいいですね。それが、2022年を良い方向に動かしていくでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください