同棲カップル間における「トイレットペーパー替えてくれない問題」を真剣に考えてみる

ウートピ / 2015年6月28日 12時0分

写真

恋人はトイレットペーパーを替えてくれる?

よく聞く離婚理由のひとつに“性格の不一致”が挙げられます。結婚の経験のない人からしてみると、「そんなもの、最初からわかって結婚しているんだろう」と思うかもしれませんが、共に暮らす生活の些細なシーンで、ようやく露見する“性格”というものがあることも確かです。

もちろん、長らく暮らしていた実家のルールや、ひとり暮らしで身に着けたライフスタイルによって、がっちりと築き上げられた習慣や常識を持つふたりの人間が、ひとつの家の中で暮らすのだから、相容れない部分が出てくるのは、当然のことです。思いやりと尊敬を持ち合い、ふたりにマッチした“いい按配”を模索していくことこそが、結婚生活というものだと思うのですが、そうは頭で理解をしていても、互いに譲れない小さな差異の積み重ねが、いつしか大きなストレスになる、ということもまた事実。だからこそ、“性格の不一致”で離婚をするカップルが後を絶たないのです。

……と、こんなことを言うと、自分のペースで暮らすことに慣れている未婚の女性は「やっぱり結婚なんてしないほうが楽なのか」と思うかもしれませんが、そういうわけでもありません。人と共に暮らすことでしか得ることのできない歓びも多くある。

そこで、自分とパートナーの両者がストレスを感じずに、一緒に仲良く暮らしていくには、どうすればいいのかを、この連載で探っていきたいと思います。これまでわたしが結婚生活の中で感じてきた問題を毎回1テーマずつ取り上げ、それについてパートナーと一緒に暮らす女性たちの意見とともに考えていきます。これから先、結婚や同棲を望んでいながらも、不安を覚えている女性は勿論のこと、結婚相手との生活に疲れつつある、という既婚者の方にも、読んで頂けたら幸いです。

第1回 トイレットペーパーの芯を替えてくれない問題

同棲や結婚などで、パートナーと一緒に暮らしている女性に、いつも試しに聞いてみることがあります。それは「貴女のパートナーは、トイレットペーパーを替えてくれますか?」という質問なのですが、これを尋ねると、結構な確率で「NO」という言葉が返ってきます。

残ってる10センチでパートナーの性格が露見する

その「替えてくれない」という行動にも幾通りのパターンがあるのですが、その代表的なひとつが「使いきった、そのままの芯だけがフォルダにある」というもの。我が家もこれに当たることが非常に多く、用を済ませてからそれに気が付いた場合は、非常に身動きを取りにくい状態で、新しいペーパーを棚から補充することになるため、同居している夫の、その自分勝手さには、イラッとせざるを得ません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング