街の瘴気で婚期を逃す…恵比寿在住10年目の高年収サラリーマン「元カノの結婚で、やっと我に返った」

ウートピ / 2016年4月4日 20時10分

写真

街の瘴気で婚期を逃す…恵比寿在住10年目の高年収サラリーマン

恵比寿、それはアーバンな大人の街。連載第3回目は、女性視点で恵比寿の魅力をお伝えしました。今回は独身男性から見た恵比寿の実情に迫ります。

【前回記事】“恵比寿在住”は女の加圧トレーニング 家賃12万円を払って独身アラサーが手に入れるメリットは?

恵比寿、家賃高過ぎて気軽には住めない問題

おさらいすると、2016年「住みたい街ランキング」首位を獲得した恵比寿の平均家賃相場は1Kで12.74万円。1LDKではなんと23.21万円という高価格(不動産情報サイトHOME’S調べ)。住みたい街、と言っても、家賃高過ぎて気軽には住めません。

年収ラボの調査によると、30代前半の男性の平均年収は額面で438万円。月額換算すると、36.5万円となります。一般的に、家賃は手取り収入の3分の1以内が理想とされているので……恵比寿住人、戦闘能力高過ぎです。

家賃と引き換えに最強のアクセスを手に入れる

今回語ってくれたのは、34歳会社員・Tさん。都内の有名大学を卒業後、就職のタイミングで埼玉県の実家を離れて恵比寿へ。詳細はお伝えできないのですが、ご本人の「テニサーに入るようなキャンパスライフは送っていなかった」という言葉の通り、落ち着いた雰囲気の男性です。そんなTさんが新卒1年目からいきなりアッパーな街・恵比寿を選んだきっかけは?

「渋谷を拠点に生活しているので、渋谷に近ければ近いほどいいなって思ったんです。調べてみたら、三軒茶屋か中目黒が良さそうだなって思ったんですけど、田園都市線も東急東横線も、混み合うし。神泉は、道玄坂のクラブやラブホ街に向かって歩いて帰ることになるのが嫌だったんです。渋谷周辺で色々内見に行ったけど、結局はJR山手線沿線が、一番便利かなって。それだけの単純な理由で選びました」

至ってシンプルな理由。確かに、渋谷駅を走る路線で比較的空いているのは、東京メトロ・副都心線もしくはJR山手線です。都内に勤務するサラリーマンの平均通勤時間は58分(2014年 不動産情報サイトアットホーム調べ)。働き盛りのアラサー世代にとって、通勤時間の短縮は仕事のパフォーマンスにも大きく影響します。満員電車も回避できるとすれば、かなり魅力的。しかし、やっぱり恵比寿には生活感が無い……本当に住みやすい街なのでしょうか。その他のメリットは?

恵比寿にいると、ちゃんと恋人が欲しくなる

「確かにスーパーは遠いし割高です。でも、元々自炊をしない独身男性が住むなら、あまり大きな問題では無いと思います。一応駅前にはラーメンとか、孤食に向いた店もあります。自宅でコンビニ惣菜を食べる日も多いですけど」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ウートピ|オンナ目線のニュースサイト

トピックスRSS

ランキング