妊娠してからでは医療保険に入れないって、本当?

ウートピ / 2016年7月21日 15時0分

入院日額5000円+女性疾病特約が一日当たり5000円支払われる医療保険の場合、35歳女性だったら月額2000円程度(終身払いの場合)から入ることができます。

もしAさんがこのタイプの保険に入っていたら、(入院給付金5000円+女性疾病特約5000円)×14日間=14万円をもらえたはずなので、差額ベッド代14万円をまるまるカバーすることができました。

急な入院となってAさんのように後悔しないために、これから妊娠・出産を考えている人がいたら、ぜひとも早めに加入を検討しておきましょう。ちなみに、不妊治療中の保険加入は、子宮まわりが保障の対象外となることも。通院を始める前が、保険の選び時です。

すでに妊娠している人が入れる保険

ここまで読んできて、「もっと早く教えてよー」と暗い気持ちになっている妊娠中の方がいるかもしれません。今からでも保障が欲しいという場合には、コープ共済フローラル共済のように、妊娠中でも一定の条件を満たせば加入できる共済もあります。

妊娠週数や状況を伝えたうえで、「妊娠中でも加入できるか」「現在の妊娠・出産でも保障の対象になるか」を必ず確認するようにしましょう。保険は元気なうちが入り時。思い立ったらすぐに行動を心がけましょう。

(氏家祥美)

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング