「女性が輝く社会」なんて、しょせんお題目? 産休明けのヒロインが会社の理不尽と戦うドラマ

ウートピ / 2016年7月22日 21時2分

写真

「女性が輝く社会」なんて、しょせんお題目?

育休明けの女性は会社のアピール材料

7/21に放送スタートした「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ)が、アラフォー女性の間で話題になっています。松嶋菜々子さん演じるヒロイン・奈津子は、広告代理店のCMクリエイターで、業界の賞を取ったほどの売れっ子でしたが、40歳直前に結婚し出産。3年の産休・育児休暇を経て、職場復帰します。ところが配属されたのは、出産前にいたクリエイト部門ではなく、営業開発部という新規部署でした。しかも異例の部長待遇。それでも営業ではなく制作に戻りたいという奈津子に、斎藤という取締役(石丸幹二)はこう言い放ちます。

取締役「会社は子どもを産んだ女性を積極的に受け入れているが、腹の底じゃ不満を抱いている者も少なくない。何年も休んだ人間と、毎日汗をかいてきた自分たちを一緒にしないでほしい」

「育児休暇明けの君を管理職に据えれば、“女性の活躍”に熱心な企業として、いいアピールになるわけだよ」

これぞ企業の本音。「部長なら文句ないだろう」と言って奈津子を部長にしたのは、産休・育休明けの社員を降格したり、遠方の勤務地に異動させたりすると、「育児・介護休業法」に抵触するので、その対策だったわけです。しかも、会社にとっては、政府の「女性が輝ける社会へ」という提唱に従っている体で、イメージアップができるから一挙両得
。さらに、奈津子が部長になった営業開発部は、社長の鶴の一声で作ったものの、新規クライアントを開拓できないお荷物部署。「どうせ3ヵ月後には潰す部署だ」と取締役は裏で言いますが、新規事業失敗という責任を奈津子に背負わせる気満々。

ひどい話ですが、現実でも充分ありえるリアルな設定です。特に、広告業界は生き馬の目を抜くような、社外でも社内でも競争の激しいところ。いくら花形クリエイターだったと言っても、3年のブランクは長いですし、「育休を取った=戦線離脱した」と見なされてしまうのかもしれません。

子持ちの女が企業で働く苦難

奈津子「私の売りは、40歳の子持ち女……」

頭の回転が速い奈津子は、すぐに自分が置かれた状況を察します。そして、気持ちを切り替え、新部署でクライアントを獲得しようと奮闘しますが、そう簡単にはいきません。「鼻持ちならない女」と自他共に認めるプライドの高さもあって、制作にいたときに指名を受けた回転寿司チェーンの社長にも「あなたには誠意がない」と言われ、かつての部下である広告ディレクターにも冷たくあしらわれる。家庭では、息子の保育園のお迎えをたびたび夫に頼むことになり、文句を言われる。ベビーシッターを雇ったことが姑にばれてしまい、「母親の自覚がないんじゃないの?」などと言われる。まさに四面楚歌。味方がどこにもいない状況で、奈津子は悪戦苦闘していきます。

ネットの反響と、厳しい現実

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング