ビキニをあきらめるのはまだ早い! マルイバイヤーが教えるアラサー女性の悩み別“正しい水着の着こなし方”

ウートピ / 2014年6月12日 12時0分

写真

正しい水着の着こなし方&最新水着情報

年齢を重ねるごとに、着用をためらうようになるのが水着。海やプールに頻繁には行かなくなったアラサー世代の女性でも、リゾート旅行や海沿いでのBBQ、ママであれば子どもの付き添い等で、「水着を着ようかな」と考えるタイミングはそれなりにありますよね。体型にも自信がないし、日焼けしてシミも作りたくないし、若作りに見えても嫌だし……等々、悩みの多いアラサー女性に今年おすすめの水着を、マルイのバイヤー榊原一美さんに伺ってきました。

――大人の女性が、素敵に水着を着こなすコツは?

榊原一美さん(以下、榊原):まずポイントは2つ。①サイズの合った水着を選ぶこと、そして、ただ着るだけでなく、身体に合わせて調整してあげることです。どんなに素敵な水着でも身体にフィットしていなければ台無しなので、必ず試着を。細かくサイズ展開をしているものや、上下別で買える商品もあります。着こなし面で特に注意したいのは、ビキニのアンダー部分の調節、首ひもの長さや結び具合ですね。

――今年の流行は? 年齢的に避けた方がベターなものは?

榊原:レース素材、バンドゥ水着(チューブトップ型)、水彩画風の花柄、ビビッドな色合いの水着が今年はとても流行っていますね。年齢的なことで言えば、大きすぎるリボンやフリル、幼く見える色味の水着は避けるといいかもしれません。そういった意味で、今年流行の「レース素材」は特におすすめです。落ち着いて見えて、かつ清楚な可愛らしさもあるのでお連れの男性からも人気です。大人っぽく着こなしたい方にはパレオ水着もいいですし、ロングワンピース付の水着なども、リゾートに行かれるアラサー女性には大人気ですね。

――身体の悩み別にお伺いします。胸が小さい人はどんなものを選ぶといいですか?

榊原:寄せてあげられるワイヤー入りがおすすめです。でもワイヤーが身体に合わなかったり、浮いたりずれたりした経験がある方には、ワイヤーはないけれど、フィット感に優れた、ボリューム感のあるパッドが付いた水着がおすすめです。また、フリル付きのバンドゥ水着もよいと思います。胸のフリルは、3Dで前方向にボリュームが出る上に、動くと揺れるため視覚効果もあります。ウォータープルーフのパッドや、水着の下に付けられるヌーブラも発売されているので、色々と工夫次第でボリュームは出せると思います。

――逆に、胸が大きい人向きなのは?

榊原:胸がしっかりカップ内に収まらないと、「むっちり感が出る、胸がつぶれてしまう」とお悩みになる女性は多いです。そんな方には、水着自体は9号・11号サイズでも、ビキニはEF・GHカップが選べるセット水着がベストですね。また、上半身全体がふっくらしている人は、ストラップが太めのものを選ぶと“食い込み感”は少なくなると思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ウートピ|オンナ目線のニュースサイト

トピックスRSS

ランキング