転職に迷う貴女へ 「キャリアの8割は偶然」という考え方について聞いてみた

ウートピ / 2018年3月13日 20時45分

——「偶然」をつかむには勇気もいると思います。勇気を出すために必要な要素はありますか?

平田:そうですね。勇気を持つには、柔軟性や、冒険心。そして持続性も大事だと思います。

——持続性?

平田:勇気の裏付けになるものだと私は考えています。何かしらのものを一定期間持続して、これは自分のものになったという自信。プロフェッショナリズムとも言えますね。

継続は力なりと言うように、専門性やスキルの裏付けが勇気になるはず。立派な資格とか、コンサルできるレベルじゃなくてもいいんです。たとえば、書類の整理にすごく自信があるとか、どんな人とも仲良くなれるとか、絶対に時間を守るとか。

——なるほど。そんなにハードルを高く構えず、楽観的に考えることも大事ですね。

平田:そうですね。根拠のない自信って案外大事です。結局、飛び込んだ後の答えが良かったのか、正解だったのかどうかって自分で決めること。自分の決断を否定しない限り、それは正解だと思うんです。だから、何か始めても、諦めるまでは失敗ではないというか。

悩みがちな人は、人生をコントロールできると思っているから悩むんだと思います。でも、人生そんなもんだと割り切ってしまえば、気持ちもラクになるのではないでしょうか。子育ても結婚や離婚も、仕事の経験も、全部蓄積されてひらめきを生むためのビッグデータになります。だから、いろんなことに挑戦して、いろんなことを手放していいと思うんです。

副業ならリスクも少なく始められると思うので、やってみて合わなかったら方向転換して、自分が続けられそうなものを探してみる。そしてそれが見つかったら極めていく、ということをやれたらいいのかなって思います。

(取材・文:ウートピ編集部 安次富陽子、撮影:青木勇太、撮影協力:DIAGONAL RUN TOKYO)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング