収納もできるしインテリアにもなる…! 思い出を残す文房具5選

ウートピ / 2018年12月7日 20時55分

写真

福島槙子,文房具

子どもの頃はお世話になっていた文房具。大人になるにつれて遠ざかり「メモや予定はデータ管理が中心」という人も多いのでは? しかし、文房具も日々進化を遂げていて、使い方一つで毎日の仕事の強い味方になってくれます。

文具プランナーでウェブマガジン「毎日、文房具。」副編集長の福島槙子(ふくしま・まきこ)さんに「気分も上がって仕事もはかどる」文房具を紹介していただきます。第37回目のテーマは、旅先の思い出や日々の記録を残せる文房具です。

ポストカードもオシャレに飾れる!

「日々を楽しむ文房具」がコンセプトのキングジムのブランド「HITOTOKI」からご紹介するのは、ボックス型の額縁「hacobuchi(ハコブチ)」。見た目はボックス型の額縁なのですが、旅先のポストカードやショップカード、大事な手紙や思い出の写真など、とっておきたい紙モノをスッキリと収納できます。

紙製のボックスは、深さが11ミリなので不定形なカードや半立体のモノも収納でき、額縁の部分にはお気に入りの絵やカードを入れられます。縦にも横にも立てられるスタンド付きで、背面の穴にヒモを通せば壁に掛けることもできます。サイズやカラーも多数展開されているので、お部屋のインテリアに合わせて選んでみて。

商品名:hacobuchi(キングジム)
価格:750~1,350円(税抜き)
種類:3サイズ(S、M、L)、3色(ベージュ、グレー、ブラック)

旅の思い出をまとめるノート

次に紹介するのは、樹脂を含んだ丈夫な表紙で、持ち運びにもピッタリな「スパイラルリングノート」。中身は書き心地にこだわった白い紙やクラフト紙、水彩紙のノートのほか、紙ポケット、窓付封筒、カード・フォトファイルの6種類です。

テーマに合わせて刻印された、ラクダやシロクマ、カンガルーなどのアイコンもかわいい。旅先でふと思いついたことをメモしたり、風景をスケッチしたり、写真やチケットを収納したり、自分のスタイルに合わせて自由に使いたいですね。

商品名:スパイラルリングノート(デザインフィル トラベラーズカンパニー)
価格:500~800円(税抜き)
種類:6種類(無罫 MDホワイト、無罫 DWクラフト、水彩紙、ペーパーポケット、窓付封筒、カード・フォトファイル)、3サイズ(A5スリム、A6スリム、B6)
※窓付封筒はB6のみ、水彩紙はA5スリム、B6、カードファイルはA5スリムのみ、フォトファイルはB6のみ。

新しい体験を自分の知識にするカード

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング