「ハプバー行くのも遊園地も同じ」女性向け性的サービスを利用して思うこと

ウートピ / 2018年12月10日 20時45分

小山:私もレズ風俗に最初に行ったときは、申し訳ないような気持ちになっちゃってイケなかったので、その気持ちわかります。2回目はイケたんですけど。

佐々木:初回と2回目、何が違ったんですか? 慣れ?

小山:1回目の人はこの仕事を始めて数か月くらいの新人さんだったんですけど、2回目はこの道十年目くらいのベテランさんだったんですよ。キスとか恥ずかしかったんですけど、相手が「ベロ出して」とかリードしてくれて。初心者には、エスコートのうまいベテランがいいのかもしれないですね。

佐々木:なるほど、「若くてカッコイイ人」を選ぶのではなく、ベテランにお手合わせ願ったほうがよさそうですね。

小山:新人さんのときは、性的快楽より癒しはありましたけど、気持ちよくなりたいならベテラン一択です! それに、ベテランさんならこの道何年ってやってきるのから、いろんな体型のお客さんと接してきているわけで。体型にコンプレックスがあろうとなかろうと、全然気にしなくていいんです。だからやっぱりベテラン!

——力強い(笑)。ちなみに、安藤さんはお金を払ってイッたふりをしたという結果に終わったわけですけど、出張マッサージを利用したことを後悔してます?

安藤:いや、私はこういう丁寧な対応じゃなくて、もっとオラオラしたのが好きなんだということがわかったし、収穫はありました(笑)。あと、後日談ですが、セフレとヨリが戻ったんですよ。セフレの人はサービスとか抜きに、安心感があるし、ホテル代とかも折半なので、お互い「セックスしたいからしましょう」という対等な関係が私には心地いいんだと気づいたのも収穫です。

お酒がないと、獣になれない私たち

——性欲スイッチが入らないこともあるんですね。

佐々木:前回お話した既婚者・子持ちで出張ホストを利用した友達は、育児で超多忙な中のつかの間の休息だから、絶対時間を無駄にしたくないという気持ちがあって、それでフルスロットルで性欲スイッチ入れて楽しめたそうですよ。

小山:たしかに、育児に行き詰っていて旦那さんとも恋愛はできない、しかも限られた時間しかないとなったら、無理やりにでもスイッチ入れるかもしれない。会う前にめっちゃお酒飲むと思いますけど。

安藤:理性を鈍らせないと、スイッチ入れにくいですよね。

小山:さっき、2回目はイケたって話をしましたけど、実はかなり飲んでたんですよ。デートしてからホテルというコースだったんですが、デート中、「大丈夫ですか?」って心配されるくらい飲んで。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング