処方薬と市販薬のちがいは? 耳鼻咽喉科専門医に聞く花粉症ケア

ウートピ / 2019年3月7日 15時1分

写真

『新薬登場で治療しやすくなった! 耳鼻咽喉科専門医に聞く、花粉症のケア最前線』では、花粉症を根治できる「舌下(ぜっか)免疫療法」についてご紹介しました。

今回は多くの読者からリクエストがあった、花粉症ケアの市販の薬の情報と、また、医療機関を受診したほうがいいのかどうかについて、前回に続き、耳鼻咽喉科専門医でとおやま耳鼻咽喉科(大阪市都島区)の遠山祐司院長にお話を聞きました。

病院で処方される薬と同じ成分の市販薬がある

花粉症のシーズンになると、薬局やドラッグストアでは「花粉症ケアに!」とうたう薬がずらっと並んでいます。遠山医師はまず、これら市販の薬についてこう説明をします。

「花粉症の代表的な症状の、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどを抑える内服薬や点鼻薬、点眼薬といった一般用医薬品(市販薬のこと。OTC医薬品とも呼ぶ)は多種多様にあります。その中でも、医療機関で処方される薬と同じ成分が含まれている、またその成分の量も同じだけ含まれていて、薬局やドラッグストアの店頭で購入できるタイプがあります。これを『スイッチOTC医薬品』と呼びますが、『どれを選べばいいのか迷う』と言う患者さんも多くいらっしゃいます」

ここで、薬の分類や呼び方について補足します。薬には大きく分けて、医療機関で医師が処方する「医療用医薬品」と、薬局やドラッグストアで自分で選んで買う「一般用医薬品」があります。後者は市販薬、大衆薬とも呼ばれますが、現在は国際的な表現として「OTC医薬品」と呼称が統一されています。英語の「Over The Counter(オーバー・ザ・カウンター)」の略語で、対面販売で薬を買うことを示しています。

そのうち、医療用医薬品の成分を含み、処方箋(せん)なしで薬局やドラッグストアで購入できる薬を「スイッチOTC医薬品」と呼びます。医療用医薬品からOTC医薬品に転換(スイッチ)されたという意味で、そう呼ばれています。スイッチOTC医薬品は、「セルフメディケーション税制」の対象になるため、パッケージに識別マークが明示されています。

花粉症の人に聞くと、「病院に行くのが面倒だから」、「時間がないから」、「対症療法だとはわかっているけど、飲まずにいられない」などで市販薬を買うことがとても多いようです。選ぶ基準は、「けっこう高いから値段で決める」、「何がどう違うのかよくわからないから、CMのイメージで決めている」などのコメントがありました。

眠くならないタイプの内服薬が主流

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング