レギンスはOKでも、ガーリー過ぎるのは無理! 「30代独身男性」がアラサー女性に求める“お洒落”は?

ウートピ / 2014年9月2日 13時0分

続いては、ここ数年ですっかり定番化、今年もまだまだ旬のアイテムとして女性誌の誌面を飾っているリボンカチューシャ。男性の好きな“お色気”とは正反対にあるこのガーリーアイテムはというと――。

「絶対にない、無理」(35歳・企画制作)

「アラサーじゃなくても頭にリボンは好きじゃない。っていうか、そもそも、なんで女の人ってリボンが好きなの?」(31歳・飲食)

「さすがにアラサーだとリボンはないかなぁ……まぁ、頭のてっぺんや顔回りにつけるんじゃなく、頭の後ろの結った根元につけてるんならいいと思う」(37歳・派遣)

と、ほぼ全否定。うっすらと予想していたものの、まだ乙女心を捨てきれていない女性には、なかなか厳しい結果に。

女心をくすぐるチャームは「子供っぽい」

これはどうやら鞄につけるチャームも同様らしく、

「ないなー、そういうのって10代が付けるものでしょ、子供っぽいよ。30代には落ち着きが欲しい」(34歳・営業)

「元のデザインを尊重してもらいたい派なので、鞄に無駄なものはつけて欲しくない」(36歳・流通)

「チャーム? ああ、あの鞄につけるキーホルダーですか。別にどうでもいいっちゃ、いいけど、ゴテゴテつける意味はわからないんですね」(39歳・企画)

と、女心をくすぐるチャームも、男性陣にはまったく理解ができないようです。が、一方で

「痛くてもいいですよ! 自分の思う通りのファッションをして欲しい。頑張ってるな、というところは評価できるので、戦ってください!」(39歳・ゲーム会社)

という心強い声もあるにはあったので、もしも、貴女が一生ガーリーを貫くつもりなら、こうした理解者を探して恋人にするのがいいかもしれません。

というわけで結論としては、やはり男性は色気に弱い、そしてガ―リーは理解不能、という結果に。やはり男性は女性に比べてシンプルで単純な生物なようです……。

>>【大泉りかの独身男子調査】これってアリ? ナシ? 女のNGライン ~第1回 身だしなみ編~

(大泉りか)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング