恋愛の「おいしいとこどり」がしたい。紫原明子と桃山商事がNEO恋バナ

ウートピ / 2019年7月29日 9時45分

清田:女性誌や恋愛メディアが取り上げがちなのは、「モテ」とか「愛され」のテクニックみたいな話ですよね。でも、人から恋バナを聞いてると、みんなもっと細かい話で悩んでるんですよ。そういう話をひたすら聞いていると、「買い物ってすれ違いのきっかけになるな」とか、「旅先って揉めがちだな」みたいな、いろいろなテーマが浮かび上がってくる。

恋愛にはモテとか愛され以外にも、面白い話がいっぱいあるんじゃないかなって。そういうニッチなテーマにも目を向けつつ、さまざまなエピソードを深掘りしながら恋愛の本質に迫っていくのが「NEO恋バナ」です。

森田専務(以下、森田):『モテすべ』では、食事、お金、油断、エロといった11のテーマを設定しています。ちょっと変わったところだと、「恋愛遺産」とか。

紫原:「別れた彼氏が視聴予約していた釣り番組が、急にテレビから流れてくる」っていうイイ話がありましたよね。

清田:別れた直後の土曜日夕方に部屋でポツンとしていたら、釣り好きだった元彼が視聴予約していた番組が急に流れてくるなんて……ちょっとグッときませんか? 

ワッコ:エモいですよね。

清田:そういう趣のあるNEO恋バナを、今日は紫原さんと一緒にワイワイ繰り広げたいなと思います。テーマとして「恋愛と友情」を設定しています。

男女の友情は、「M」と「P」の存在がカギになる

清田:最初に、「男女の友情は成立するのか?」という古典的な問題から話していきたいと思います。この問題を考えるための3つのキーワードは、オスみ(“P”=ぺニス)、メスみ(“M”=まんこ)、フレンドシップ(“F”)です。僕の場合、女友達は多いんですけど、あくまで「ちんちん生えていませんよ」という意識で仲良くしている感じがあるんです。つまり、Pを抑圧している限りにおいて、友情は成立すると思っている。

ワッコ:私も同じですね。男友達は多いほうだとは思うんですが、Mを出して入っていくと仲良くしてもらえない自覚があるので、常に「心の男装」をして男性コミュニティに参画してます。実は過去に、男友達数人と混浴に入ったこともあって。夜中の露天風呂で、さすがに裸が見える状況ではなかったですが、今考えるとあれは「わたしはここまで男装できるんだぞ!」ということを社会にアピールしたかったんだと思います(笑)。

清田:謎のアピール(笑)。で、森田に関してはちょっと意見が違う。

森田:僕は、PとMを消さなくても男女の友情は成立すんじゃないかと考える立場ですね。紫原さんはどうですか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング