三浦春馬に聞く「普通って何だろう?」 映画『アイネクライネナハトムジーク』で主演

ウートピ / 2019年9月20日 20時1分

写真

最近、三浦春馬が気になる。

映画やドラマ出演だけでなく、歌に踊りにMCもこなす。爽やかだったり、妖艶だったり、さまざまな表情で見るものをわくわくさせる。表現者としてギアが上がった印象だ。

そんな三浦さんが最新主演映画『アイネクライネナハトムジーク』(今泉力哉監督)で演じているのは、スポットライトとは無縁の、どこにでもいそうな会社員。名字は「佐藤」。下の名前は出てこない。街頭アンケートに答えてくれた女性・紗季(多部未華子さん)との関係を軸に、出会いから10年の時を超えてつながっていくさまざまな人間模様が描かれる。

そこに「カッコいい三浦春馬」はいない。いるのは、ごくごく普通の会社員。でも、「普通の人」って何だろう? 三浦さんに、「普通の会社員」役へのアプローチや、キャリアを開くきっかけをくれた出会いなどについて聞いた。

【後編は…】三浦春馬の仕事ルール

「社内にこういう人いるよね」を目指した

——佐藤は、どこかに劇的な出会いが落ちていると、ただただ奇跡を待っているかのような男性です。この手のタイプは男女問わず若い人には多いと思うのですが、三浦さんが共感できる部分はありますか?

三浦春馬さん(以下、三浦):劇的な出会いを妄想してしまうところは共感します。「こういうシチュエーションがあったらいいな」とか「こうしたらうまくいくんだろうな」とか、完全に自分主体なんですよ。

もともと一人っ子なので妄想して遊ぶことにはきっと長(た)けていたと思う。最近妄想したシチュエーション? そんなの言えません。言ったら映画のお客さんが減っちゃう(笑)。

——「佐藤」というのは、際立った特徴のないキャラクターです。難しかったのでは?

三浦:原作にも、今回いただいたプロットにも、役名は「佐藤」としか書かれていない。原田泰造さんが演じた上司の「藤間さん」にも下の名前がないんですね。だからまず監督に、この作品を見る方たちが、例えば「社内にこういう人いるよね」「いそうだよね」と親しみを持てるような「普遍性のある役作りや雰囲気づくりをするという共通認識を持っていていいですよね?」と確認しました。

佐藤は普通の人間ではあるんだけど、誰しも、何かしらの癖だったり話し方を持ち合わせていると思うので、普通を追い求めすぎないほうがいいということも考えていました。

そもそも「普通」って何だ?

——「普通の人」「普通の会社員」って、ともするとステレオタイプに陥りがち。普通なんだけれども「佐藤っぽさ」を出すためにしたことは?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング