「少女時代」ユナ主演「総理と私」、視聴率不振のなか放送終了

Wow!Korea / 2014年2月5日 10時3分

「総理と私」

韓国ガールズグループ「少女時代」ユナとキム・ボムスが主演したKBS月火ドラマ「総理と私」(原題)が視聴率6.1%で放送終了したことがわかった。

5日、視聴率調査機関ニールセンコリアによると前日(4日)夜に放送された「総理と私」17話は全国基準と首都圏基準の両方で6.1%を記録したという。

昨年12月9日に「未来の選択」後続番組として始まった「総理と私」は初回5.9%でスタートし、終始不振を免れなかった。

最年少総理クォン・ユル(イ・ボムス)と芸能誌記者タジョン(ユナ)のロマンスを描いたが、20歳差がある2人の演技は視聴者をときめかせたり、共感を得られなかった。

同時間帯に放送しているMBC「奇皇后」はこの日25.3%で自己最高視聴率を記録し、SBS「温かい一言」は10.9%だった。

「総理と私」の後続番組にはユン・ゲサンとハン・ジヘが主演する「太陽がいっぱい」が放送される。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング