「CNBLUE」 自作曲を収録したミニアルバム発表

Wow!Korea / 2014年2月7日 9時35分

CNBLUE

韓国グループ「CNBLUE」が、およそ1年ぶりにニューアルバムを発表する。所属事務所FNCエンターテインメントが6日、明らかにした。

昨年1月にミニアルバムをリリースし、ワールドツアーと個別活動を展開していた「CNBLUE」は、今月5枚目のミニアルバムで歌謡界にカムバックする。具体的なカムバック日程は決定していないという。

タイトル曲は、ボーカルのチョン・ヨンファが作曲した曲で、メンバーらはアルバム全曲を自作曲で満たした。

事務所関係者は「前回のアルバムタイトル曲『I'm Sorry』もチョン・ヨンファの自作曲で、同曲が収録されたアルバムはアジアのチャートだけでなく、米国ビルボード・ワールドアルバムチャートでも1位を席巻した」とし「『CNBLUE』は自作曲を収録したアルバムを通して、彼らだけのカラーを確固する覚悟だ」と説明している。

「CNBLUE」はSBSを通して単独カムバックショーを披露する。カムバックショーはおよそ70分にわたり特集編成される予定。メンバーらは新曲をはじめ「I'm Sorry」や「Coffee Shop」、「ひとりぼっち」などのヒット曲をライブ演奏する。

これを前に、彼らは空白期の間に様々な活動を繰り広げてきた。

昨年夏からワールドツアーを行い、14か国18都市で20回の公演を開催。また、チョン・ヨンファ、カン・ミニョク、イ・ジョンシンらはそれぞれKBS2ドラマ「未来の選択」、SBS「王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ~相続者たち」、KBS2「剣と花」に出演し、テレビドラマで活躍した。またイ・ジョンヒョンは昨年末、女性歌手JUNIELとプロジェクトデュエット「ロマンチックJ」で活動した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング