【公演レポ】「Rain Official Fanmeeting in Yokohama」意外な素顔でファンを魅了! Rainの未来はオレンジ色!?

Wow!Korea / 2014年2月12日 17時5分

歌手兼俳優Rain

スクリーンにRain(ピ)の姿が大きく映し出されると、待ちきれなかったファンはオールスタンディング。ブラックのシャツとパンツに身を包んだRain(ピ)が、「30sexy」の重厚なサウンドとともに登場すると、会場では白いペンライトが大きく揺れた。

2月7日(土)、神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールで、「Rain Official Fanmeeting in Yokohama」が開催された。昨年11月に日本4都市・10回にわたるZEPPツアーを成功させたRain(ピ)。1月にアルバム「RAIN EFFECT」で4年ぶりのカムバックを果たし、ダブルタイトル曲の「LA SONG」が韓国の音楽番組で1位にランクインするなど、快進撃を続けている。

歌い終えて再びステージに登場したRain(ピ)は、「皆さんこんにちは! お久しぶりです」と、笑顔であいさつ。紺のスーツに水玉のシャツ、水玉のネクタイのファッションコンセプトを司会に問われると、「…スーツのコンセプトです」と、力の抜けたジョークを飛ばし、会場は笑いに包まれた。

イベントの前半は、トークから。新しいアルバム「RAIN EFFECT」についてのコンセプトについては、「皆さんとのコミュニケーションになるような、面白いアルバムを作ろうと思っていました。タイトル曲の1つ『30sexy』は今までの僕。もう一つのタイトル曲『LA SONG』は今までとは違う僕の姿です」「4年ぶりにカムバックしたプレッシャーは?」という質問には「プレッシャーはありません。僕はベストを尽くすだけ。ただ、音楽はどんな内容にするのか、ステージでは何を見せたらいいのかと、ベストを尽くす上でのストレスを感じることはあります」と明かした。「ストレスの発散方法は?」と聞かれると、「食べます。(日本語で)食べまーす!」とおどけた表情に。

「ともにステージに立つバックダンサーとは、15年ぐらいの付き合い」というRain(ピ)。姿を見せずに、ステージ裏から声だけの特別インタビューに応じたバックダンサーは、「Rain(ピ)さんは、チームのメンバーが具合悪いと、声をかけてくれ、誰かが病院に入院すると、お見舞いにきてくれるんです。そんなところに感動を覚えました」とエピソードを語った。それに対しRain(ピ)は、「鳥は翼がないと飛ぶことができません。バックダンサーは、僕にとって翼のような存在です」と強い絆で結ばれた信頼関係を明かした。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング