ペク・チヨン、韓国・ベトナム合作オーディション審査委員に抜てき!

Wow!Korea / 2014年2月24日 9時59分

歌手ペク・チヨン

歌手のペク・チヨンが韓国、ベトナムの合作グローバルオーディション番組「LOTTE VK-POP SUPERSTAR」の審査委員に抜てきされ話題を呼んでいる。

「LOTTE VK-POP SUPERSTAR」は韓国の(株)レインボーブリッジエージェンシーとベトナムの(株)VNKが共同制作し、ロッテグループがメインで後援するグローバルオーディション番組。ベトナムの現地での予選を経て選ばれた15人あまりの合格者が韓国に渡り、レインボーブリッジエージェンシーの「K-POP養成システム」を通してプライベート形トレーニングとプロデューシングを受けた後、最終合格者はプロデューサーのキム・ドフンの曲でベトナムからデビューする形で進められる。

ペク・チヨンは本戦の最終ラウンドで韓国行きのチケットを勝ち取った幸運の主人公達を選考するための審査委員として出演する予定で、24日にベトナムへ出国、番組制作発表会にも参加する。韓国のアーティストとしては初めてグローバルオーディションの審査委員を務めることになった意気込みと、韓流が文化コンテンツの輸出のみならず“K-POP制作システムの輸出”まで飛躍することになった意味深い場に参加した感想を語る予定だ。

それだけではなく、ペク・チヨンは韓国の番組「スーパースターK」と「ボイスコリア」の シーズン 1、 2を通じて得られた経験を元に本戦の舞台でカリスマ溢れる審査委員としての役割を果たし、舞台を降りたら、オーディション参加者の「エンジェル」となって、自分だけの歌唱ノウハウを伝授したり、ミッションに疲れている参加者に勇気を与えるなど、心優しい指導者としての役割をみせる。

一方、ペク・チヨンは最近、韓国JTBCの新しい芸能番組「99人の女子を満足させる男」の司会をシン・ドンヨプと一緒に勤めることになった。ペク・チヨンが司会で活躍するJTBCの「99人の女子を満足させる男」は2月23日に一回目の放送が行われた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング