パク・チョルミン&ラ・ミラン、KBS短幕劇で夫婦役に

Wow!Korea / 2014年2月28日 7時58分

KBSドラマスペシャル「かわいいオ・マンブク」

韓国俳優パク・チョルミンと女優ラ・ミランが夫婦役でタッグを組むことがわかった。

KBSドラマスペシャル短幕2014の4作品目として来月2日夜に放送される「かわいいオ・マンブク」(脚本:キム・ミヒ、演出:ファン・インヒョク)で2人は、中華料理屋を営む夫婦役として出演する。

パク・チョルミンは子どもへの愛情が人一倍強く温かい父親オ・ダルソン役、ラ・ミランはお店のカウンターと”小言”を担当する母親ナム・ミスン役を演じる。

同ドラマは、養子縁組を結んだ娘をもつ家庭の平凡でありながらも特別な愛情を描く予定だ。

かわいい顔だけを信じ、虚栄心の強い長女スンブクと7歳で家族として迎え入れられた次女マンボク(キム・ヒャンギ)が家庭の”孝”となる。

幼い頃、母親が歌ってくれた曲を歌手が歌っているのを聞いたマンボクは、その曲を歌手に贈った人物が自身の父親だと信じ、父親を探しに行く。

また、歌手イ・キチャンが中華料理屋の隣にある芸能企画会社の唯一の歌手役で登場する。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング