【速報】韓流歌手の先駆けRyu&ZERO、初のジョイントコンサート開催!

Wow!Korea / 2014年3月6日 18時1分

RyuとZERO (C)ハーモニー

韓流歌手のBIG2、RyuとZEROが日本デビュー10周年を経て、3月5日(水)東京・メルパルク東京にて、ジョイントコンサート「“Ryu” “ZERO” SPECIAL~あなたを忘れない~」を開催した。

「冬のソナタ」(Ryu)「美しき日々」(ZERO)の主題歌を歌い、韓流歌手の先駆けともいえる2人が同じステージに立つ画期的な今回の公演。RyuとZEROはファンへの感謝をこめて、バラダン(室内管弦楽団)よる格調高い生演奏にのせて、数々の名曲を熱唱した。

この日、東京は朝からあいにくの雨模様で、肌寒かったが、開場前から傘を差して待つファンが列をつくるほどの盛況ぶり。開演前には、会場が2階席までぎっしりと埋め尽くされた。

公演は2部構成で行われ、Ryuは「冬のソナタ」の名曲やカバーアルバムの収録曲、ZEROは「美しき日々」の名曲や自作曲などそれぞれのソロステージはもちろん、意外にも今回が初めてだという2人のコラボステージも披露。極上のハーモニーを届けた。

また、日本での活動が10年となる2人なだけに、トークも全て日本語。最近、池袋で韓国料理講座を開講しているRyuは「最初は、“先生”と呼ばれることが恥ずかしかったけれど、今は慣れました。シェフ生活から久しぶりにステージに立ったので、ボーッとしています(笑)」と明かし、料理の話を交えながら近況などを公開。一方、ファンを笑わせたいというZEROはオヤジギャグやジョークを連発し、さらには即興でモノマネも披露。RyuとZEROの掛け合いも漫才のように面白く、観客をたっぷり楽しませた。

心に響く歌声で観客を感動させ、MCでは観客を笑わせたRyuとZERO。今回の記念すべきステージで、寒さも忘れるほど、ほっこり温かい気持ちにさせてくれた。

詳しいレポートは後日掲載いたします。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング