【会見レポ】「SHINee」「ZE:A」「U-KISS」「TORITOPS.」から豪華キャストが来日! ミュージカル「宮(クン)」記者会見

Wow!Korea / 2014年3月26日 21時19分

左から「TORITOPS」ユジュン、「ZE:A」ドンジュン、「SHINee」テミン、「U-KISS」スヒョン、キソプ、フン

「もしもまだ韓国に王室が続いていたら…?」という斬新な設定で大ヒットし、ミリオンセラーに達した韓国の少女マンガが原作の皇室を舞台にしたラブストーリー。2006年に韓国でドラマ化(「宮~Love in Palace」)され、作品の世界観と完成度の高い衣裳、40億ウォンを超える豪華なセットデザインを呼び、軒並み高視聴率を記録!世界23か国で放送されるなどその人気は世界中に知れ渡っている。

ミュージカル「宮」は2010年のソウルでの初演以来、5年間毎年再演を重ねてきたヒットミュージカル。初演時には「東方神起」のユンホが皇太子・シン役を熱演。2011年には待望の日本公演が京都で開催され、同年東京公演ではキム・キョジュン(「SS501」)とソンモ(「超新星」)がダブル主演、2012年東京公演はカンイン(「SUPER JUNIOR」)とソンモがダブル主演務め、昨年2013年大阪公演では、ソンモに加えフン(「U-KISS」)、チェ・ミンファン(「FTISLAND」)、キソプ(「U-KISS」)が出演。毎回豪華なキャスティングで多くの話題を呼んでいる。

日本でのミュージカル「宮」の熱は冷めることなく、今年も東京公演が決定。今回の東京公演では前回からの続投のキソプ、フンに加え、皇太子イ・シン役にテミン(「SHINee」)、ドンジュン(「ZE:A」)、スヒョン(「U-KISS」)、イ・ユル役にケビン(「U-KISS」)が新たにキャストに加えられた。人気の若手K-POPアイドルの競演とあって話題性も抜群のミュージカル。豪華出演キャストが勢ぞろいし、3月25日(火)東京・渋谷にて記者会見が開かれた。

記者会見に参加したのは、「SHINee」のテミン、「ZE:A」のドンジュン、「U-KISS」のスヒョン、キソプ、フン、「TORITOPS.」のチャン・ユジュンの6名。話題のミュージカルとあって会場には多くの取材陣が駆け付けた。司会からミュージカルの紹介がされ、いよいよキャスト陣が登場。ドンジュンがハニカミながら「アニョンハセヨ~」と登場し、スヒョンも元気な声で「よろしくお願いしますっ!」と笑顔を見せ、会場はフラッシュと拍手の嵐。それぞれの自己紹介から会見がスタートした。

テミン:今回ミュージカル「宮」でイ・シンの役を務めさせていただきます、テミンと申します。よろしくお願いいたします。

ドンジュン:こんにちは。イ・シンの役をやらせていただきます「ZE:A」のドンジュンです。頑張りますのでよろしくお願いいたします。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング