イ・ウンミ 「あらゆる世代のために愛の賛歌を歌いたい」

Wow!Korea / 2014年3月31日 17時34分

イ・ウンミ

同じ曲であっても、聴き手の解釈が各自の経験や感性によって異なるのは当然のことだ。

”裸足のディーバ”ことイ・ウンミが先ごろ発表したミニアルバム「Spero Spere」がそうだった。

タイトル曲「胸踊る」をはじめ「麻痺」、「愛がこわい」、「大丈夫です」などブルースとロックに基盤を置いた収録曲は、悲しみの水気がいっぱいに溢れている。ハスキーなイ・ウンミのソウルな音色が肺を突くように押し寄せ、ふと精神を込めている。

先ごろ、ソウル市内でインタビューに応じたイ・ウンミは「悲しみで終わるのではなく、悲しみを慰めるような曲であればと願っています」とし「少しいびつな愛でも良いし、春はまた来るのだと忘れてしまった誓いをまた取り戻すように豊富なメッセージを込めたかったのです」と説明した。

「私も歳月を全身で受けてみると、歳を重ねるのは”ただ”ではないということを感じています。老眼が始まり、高齢化の中に私が入っているということも衝撃を受けますよね。厳しく追われるように生きて、時には友人に訴えながら心がじんとしたりして…。そうすると生きている感じがしませんか?私のアルバムがそうであれば、と思うのです」

イ・ウンミは「ある方は悲しいと言いますが、私は歌うとき胸から湧き出るようなものがあって、胸がいっぱいになった」とし「リバーブ(音響装置で声の響きを良くするもの)を除いて、声で歌う部分は感情が高ぶってレコーディングは難しかった」と振り返った。

今回のアルバムで最も気に入っている曲は「麻痺」と「大丈夫です」だと答え、作詞に参加した「大丈夫です」の一節を口ずさんだ。

自身が全身で吐き出した感情をパーフェクトに聴き手へ伝えるための作業は、とても疲れる作業だ。すっきりとした音が収められるデジタルレコーディング方式の弊害を少なくしようとデジタルで作業したアルバムをアナログテープに入れ、再びデジタルに変換するという方式を選んだ。

自身もデジタル音源ではないCDプレイヤー音楽を聴くため、アルバムを買ってくれるリスナーに対する感謝の気持ちも人一倍大きい。それで、音源公開前にCDをリリースすることにしたのだ。

彼女は「いまでもアルバムを購入してくださる方々がいるからこそ、公演も行うのです」とし「プロのミュージシャンとして堂々と生きていて、私は運が良い人。そうでないミュージシャンたちが本当に多い」と後輩たちの厳しい音楽環境を心配する。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング