【会見レポ】イ・ミンホ「キム・タンは“真の男、男の中の男”」最新主演作「相続者たち」KNTV放送記念記者会見!

Wow!Korea / 2014年4月1日 10時16分

俳優イ・ミンホ

2009年ドラマ「花より男子~Boys Over Flowers」で大ブレイク、一躍スターに登りつめ、「シティハンターin Seoul」「シンイ‐信義‐」で不動の人気を得て、最新作「相続者たち」では財閥の御曹司役キム・タンを演じ、韓国では「キム・タン病」という中毒者が続出するなど、社会現象を起こした韓国俳優のイ・ミンホが来日。

最新作「相続者たち」のKNTV日本初放送を記念し、3月28日(金)神奈川・パシフィコ横浜にて来日記者会見を行った。報道陣が拍手で迎える中、淡いブルーのドット柄のニットで爽やかに登場したイ・ミンホは「みなさん、こんにちは。イ・ミンホです。お久しぶりです」と日本語であいさつ、会見がスタート。

-最新主演ドラマ「相続者たち」の日本放送が決定しましたが今のお気持ちは?

まずは、正式に日本で放映されることが決まって、とてもうれしく、思っています。このドラマは愛を描いたドラマですが、僕もこのドラマを通して愛についてもう一度考えるようになりました。“愛とは何か”愛の関係性やあり方についても、もう一度考えることができました。そうしたメッセージが日本のみなさんにも伝わって、楽しんでご覧いただければうれしいです。そして、このドラマが愛されるドラマになって欲しいです。

-ドラマの中でイ・ミンホさんが特に印象に残っているセリフは?

記憶に残っているセリフは、直訳すると「それにも関わらず直進」「それでも前に進む」というセリフと、「僕は君を愛してるの?」というセリフです。「僕は君が好き?(日本語)」です。

-ドラマの中で好きなシーンは?

このドラマの中で僕は婚外子という役柄で、そんな心に痛い秘密を抱えている主人公が、自らその事実を明かすシーンがあります。そのシーンを撮影した時は一日中手に汗を握って、とても緊張していました。気持ちを集中させて撮ったシーンなので、記憶に残っています。

-同世代の方と共演されていますが撮影中印象に残っていることは?

とにかく今回は同世代の同僚たちがたくさんいたので、“もしかしたら、これほど同じくらいの世代の俳優と一緒に作品を撮るのは最後かもしれない”とちょっと切ない気持ちになりました。でも(撮影中)本当に楽しくて、数人集まっただけでも現場が楽しくて、ファイトに溢れた現場でしたので、よい思い出がたくさんできました。

-“ここは見て!”というドラマの注目ポイントは?

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング