<Wコラム>お父さんのための日韓K-POP講座

Wow!Korea / 2014年4月23日 10時50分

グループ「Wonder Girls」

K-POPファンなら、「韓国3大芸能プロダクション」または、「K-POP界3大事務所」という言葉を一度は聞いたことがあるだろう。そう、近年のK-POPブームを牽引してきた人気アイドルたちが所属する「SMエンタテインメント」、「YGエンターテインメント」、「JYPエンターテインメント」のことだ。

王座のSM社は、日本のエイベックス(avex)と組み、BoA(ボア)や「東方神起」(トウホウシンキ)を日本でブレイクさせ、その後も「少女時代」や「SHINee」(シャイニー)、「f(x)」(エフエックス)、「EXO」(エクソ)など、数々の人気アイドルグループを送り出している総合エンターテインメント企業だ。まさに韓国の「ジャニーズ」と言える存在。

一方、YG社も「キング・オブYouTube」こと、「サイ(PSY)」を筆頭に、「G-DRAGON」に代表されるスーパーアイドル「BIGBANG」(ビックバン)やガールズグループ「2NE1」(トゥエ二―ワン)など強力なラインナップで、ますます存在感を強めている。

そして、JYP社にも、日本で高い人気を誇る野獣系アイドル「2PM」(ツーピエム)がいる。

21世紀に入り、韓国の歌謡界や「K-POP市場」はこの 「ビッグ3」を中心に回ってきた。

しかし、2010年代以降は、このトライアングルの一角が崩れ始め、新興勢力の台頭が顕著になってきた。

かつては、「GOD」や「ピ(Rain)」、パク・チユンなどのアーティストをヒットさせ、社長自らも現役アーティストとして活躍してきたJYP社がここ数年、業績低迷にあえいでいるのだ。

デビュー当初はライバル「少女時代」を上回るほどの人気だったガールズグループ「Wonder Girls」(ワンダーガールズ)のアメリカ戦略が失敗し、妹分の「miss A」も、メンバーのスジのソロ活動以外はパッとしない状況が続いている。「2AM」といったバラード系グループも実力の面では高い評価を得ているが会社の収益にはそれほど貢献していない。

SM社とYG社が専門経営陣の下でアグレッシブな事業展開を続けている間に、JYP社は「アメリカ活動」という可能性の低い博打に出たことで大きく水を開けられる形となってしまった。

業績の面でも、もはやJYP社に「ビッグ3」というタイトルはふさわしくない状況。

例えば、韓国の音楽市場における2013年第3四半期の上記3社が占める売上高の割合は「28.91 %」。個々には、SM社が15.46 % (1129億8000万ウォン)、 YG社は12.33 % (900億8000万ウォン)、 そしてJYP社はたった1.12 %(81億7100万ウォン)にとどまった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング