【個別インタビュー】「BIGSTAR」K-popアーティストの中で最も輝く星になりたい!

Wow!Korea / 2014年4月30日 10時3分

左からソンハク、フィルドッグ、レファン、パラム、ジュド

「BIGSTAR」は、2014年7~8月頃に日本音源発表及び本格的な日本デビューを目標とし、2014年3月より、日本での事前プロモーションをはじめ、「2014年新大久保ドラマ&映画祭」の公式応援サポーターとして、日本活動をスタート!

派手なダンスパフォーマンスを誇る「BIGSTAR」は、韓国で最も有名な作曲家兼プロデューサーである「勇敢な兄弟」が自ら結成させたアイドルグループであり、ヒップホップを中心に、多様なジャンルをこなせる実力派アーティストの5人組グループ。

4月3日からは「BIGSTAR100ストーリーズ」というタイトルで100回のライブを通じたファン作りなど、具体的な認知度アップに繋がるプロモーションに突入。

来る6月20日(金)は東京・ヤクルトホールにて50回記念ライブも決定し、益々ライブにかけるBIGSTARのフィルドッグ、パラム、レファン、ソンハク、ジュドの5人が「BIGSTAR 100 STORIES」13回目のイベント終了後に疲れも見せずにインタビューに応えてくれた。

イベントの衣装から黒を基調とした個性的な衣装に着替えて、「よろしくお願いします」と丁寧にあいさつをして登場した「BIGSTAR」の5人。

そして「The future of brave sound 『BIGSTAR』!こんにちは、『BIGSTAR』です。よろしくお願いします!」と元気よくいつものグループあいさつと決めポーズで和やかな雰囲気の中、インタビューはスタートした。

-自己紹介と自身のアピールポイントを教えてください。

ソンハク:魅力のかたまりソンハクです。僕のアピールポイントは笑顔です。ボーカル担当でチームの雰囲気を盛り上げるムードメーカーです。

フィルドッグ:やんちゃなリーダーのフィルドッグです。絵を描くのが得意で、毎日欠かさず絵を描いています。ヒップホップダンスが得意です。

レファン:僕は「BIGSTAR」の甘い歌声、メインボーカルのレファンです。作詞作曲を頑張ってしています。いつかグループで歌いたいです。

パラム:「BIGSTAR」のおしゃれラッパーのパラムです。「BIGSTAR」の兄貴でラップと歌とダンス担当です。お笑いも(笑)。

ジュド:僕は「BIGSTAR」のマンネ(末っ子)のジュドです。ファンのみなさんから”子猫”と呼ばれています。ニャーオ!(猫の鳴き声を真似て)でも歌声はセクシーで一度聞いたら忘れないと思います。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング