ソン・スンホン「『人間中毒』のおかげで多様なキャラクターが見え始めた」

Wow!Korea / 2014年5月8日 11時48分

ソン・スンホン(左)とイム・ジヨン

「もう30歳を超えており、俳優として様々な試みをしてみたかった。今回の映画を撮影しながら、体が軽くなったという感じを受けた。もっと新しい試みをすることができる多様なキャラクターが見え始めた」

ソン・スンホンは7日、ソウル・往十里(ワンシムニ)CGVで開かれた映画「人間中毒」(原題)の試写会後に行われた記者懇談会でこのように述べた。

「人間中毒」は1960年代の軍部隊を背景に、嘱望される将校キム・ジンピョン(ソン・スンホン)が部下の妻チョン・ガフン(イム・ジヨン)と恋に落ちる物語を描いたラブストーリー映画だ。「恋の罠-淫乱 書生-」(2006)や「春香秘伝 The Servant 房子伝」(2010)を演出したキム・テウ監督がメガホンをとった。ソン・スンホンは映画でイム・ジヨンと共に濃厚なベッドシーンを披露している。

彼は「初めて露出シーンを撮った」とし「前の自分だったら躊躇したと思う。これまでのわたしが持つイメージで、囲いをしてその中だけで遊ぼうとしたが、今回は多様な試みをしてみたかった」と述べた。

また「露出はすでに覚悟していたので、監督にレベルがどの程度になるのか尋ねたりもしなかった。露出よりは人物関係を表現することに重点を置いた」とし「部下の妻と恋に落ちる設定自体がわたしにとって新しい挑戦だった」と語った。

同映画でデビューしたイム・ジヨンは「初めての作品なので露出が負担だったが、冷や冷やするような恋物語を描いた作品が良かった」とし「映画を撮りながら露出への負担は、役をきちんと演じなければならないというプレッシャーに変わったようだ」とした。

キム・ジンピョンの妻のスクジンに扮したチョ・ヨジョンは夫を出世させるために血眼になる権力家の娘として登場する。「後宮の秘密」(2012)や「春香秘伝 The Servant 房子伝」でのキャラクターとは異なりコミカルでおしゃべりだが、強い欲望を所有している人物だ。

彼女は「シナリオを読み、ジンピョンの愛を感じてとても泣いた。チョン・ガフンみたいに愛されてみたかったが、女優としてはスクジン役が好きだった。これまで披露していないキャラクターをお見せすることができて満足だ」と述べた。

なお、映画は来る14日に公開される予定だ。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング