新体制の「KARA」 社会貢献を念頭に活動へ

Wow!Korea / 2014年5月12日 10時13分

左からギュリ、スンヨン、ハラ

5人組だったガールズグループ「KARA」が契約満了に伴い、ニコルとジヨンが脱退、残るギュリ、ハラ、スンヨンの3人で来る24日、ファンミーティングを開催し、収益全額を恵まれない子供たちへ寄付することがわかった。

今回の寄付活動は、所属事務所DSPメディアの社会貢献空間「DSP Zone」のオープンを記念するもの。これは、DSPメディア所属の歌手たちが様々な形で寄付活動を行う分かち合いの空間だ。

事務所関係者は「ファンからいただいた愛に恩返しするため、これからも様々な形で社会貢献していきたい」と説明している。

なお、「KARA」は3人体制となって初めて24日にソウル市内にあるブルースクエア・サムスンカードホールにてファンミーティングを開催。その後、今夏には新たなメンバーを選抜する計画だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング