【公演レポ】「大国男児」1年ぶりの日本単独ライブ「大国男児 TOKYO LIVE」で新曲初披露!

Wow!Korea / 2014年5月17日 12時34分

「大国男児」

日本デビュー3周年を迎えた韓国の5人組アイドルグループ「大国男児」が4月19日(土)東京・品川ステラボールにて単独ライブ「大国男児TOKYO LIVE」を開催、昼夜の2公演を大盛況で飾った。

2010年3月「憧憬少年」で韓国デビュー、2011年「Love Power」で日本デビューを果たすとその可愛らしいルックスや、親しみやすいキャラクターで「クリーミー系弟アイドル」と話題を呼び、日本で活躍。昨年11月、ミニアルバム「ChapterII」で韓国カムバックを飾った「大国男児」はタイトル曲「WHY GOOD BYE」で魅力的な真の男へと変身を遂げ、「PSY(サイ)」、「SUPER JUNIOR」、「CNBLUE」らが表紙を飾って話題となったタイの雑誌「The BRIDGES」の12月号の表紙モデルに抜擢されるなど、さらなる飛躍を遂げた。

昼公演でメンバーのミカ、カラム、ヒョンミン、インジュン、ジェイの5人が黒と赤を基調としたレザーとダメージジーンズの衣装で登場すると会場は大歓声に包まれた。「みんな、盛り上がっていこうぜ!」とインジュンの掛け声でライブがスタート。韓国語の曲「We are together」でオープニングを飾った「大国男児」は続いて日本デビュー曲「Love Power」をダンスと共に届けるとファンの熱い応援と相まって会場は一気にヒートアップ。

「こんにちは、『大国男児』です。『大国男児TOKYO LIVE』にいらっしゃいませ!」と全員であいさつ。「まず、『大国男児』の1年ぶりのライブを始める前に、韓国でとても残念なことが起きてしまいました。1日も早くいい知らせが入るようにみなさん、お祈りしてください」とカラムが傷心な面持ちで韓国の旅客船沈没事故に触れ、ファンに呼びかけた。

事故に対し、哀悼の意を示した後、「『大国男児』のヒョンミンです。ちょうど、1年ぶりですね。会いたかったです」と「みなさん、会いたかったです。『大国男児』のジェイと申します」とヒョンミン、ジェイの自己紹介が続き、「みなさん、『大国男児』の真ん中、カラムです」とカラム、「みなさん、『大国男児』のピンクの髪の毛、インジュンです」とインジュンの二人のちょっとユニークな自己紹介で会場を沸かした後はリーダー、ミカへ。

メンバーとファンが期待する中、「『大国男児』のリーダー、ミカです」と自己紹介したミカはくるりと一回転。メンバー全員がファンを楽しませようとの思いが込められた自己紹介だった。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング