【イベントレポ】キム・スヒョンファンサービスではしゃぎすぎ!? ファイナル公演は涙の完全燃焼!

Wow!Korea / 2014年5月20日 13時51分

俳優キム・スヒョン

人気ドラマ「星から来たあなた」で主演を務め、アジア中で大ブレイク中の俳優キム・スヒョンのアジア全7カ国9か所アジアファンミーティングツアーのファイナル公演「2014 Kim Soo Hyun Asia Tour 1st Memories in Japan」が、5月18日(日)神奈川・パシフィコ横浜にて開催された。

ドラマ「ドリームハイ」「太陽を抱く月」、映画「10人の泥棒たち」「隠密に偉大に」など話題作に相次いで出演し、韓国のみならず、アジア各国で人気を博しているキム・スヒョン。3月のソウルを皮切りに上海、北京、広州、台湾、タイ、シンガポール、インドネシアで開催してきた今回のアジアツアーは、どの国でも熱烈な歓迎を受け、大盛況のうちに終えてきた。

この日も、ついにフィナーレを迎えるとあって、会場は日本だけでなく韓国、中国、台湾などアジア各地から詰め掛けたファンで埋め尽くされ、熱気を帯びていた。

そんな中、日本を中心に活動中の6人組男性アイドルグループ「I.D(アイディー)」が、オープニングアクトとして登場。躍動的なパフォーマンスで2曲を披露し、客席の雰囲気を盛り上げた。

「星から来たあなた」のダイジェスト映像が流れた後、お待ちかねのキム・スヒョンが姿を見せると、会場は大歓声。「ドリームハイ」の挿入歌「DREAMING」でファンミーティングが幕を開けると、会場のボルテージは一気に上がった。

オープニング曲を歌い終えたキム・スヒョンは「(日本語で)皆さん、おはようございます(笑)」と最初から茶目っ気ぶりを発揮。「こんにちは、キム・スヒョンです。3月から初めてアジアファンミーティングツアーをスタートさせたんですが、本当に大きなステージですね。今日は最後となる日本でのステージなので、最後だという思いを込めて、燃え尽きたいと思います!今日は皆さんが楽しい思い出を作って、笑顔で帰ってくれたらうれしいです」とあいさつすると、客席からは大きな拍手が沸き起こった。

今回は、“ファンと気楽におしゃべりをしたい”というキム・スヒョンの意向で、ステージには「Cafe All K」というカフェのセットが組まれ、みんしるの司会でトークコーナーがスタート。いたずらっぽい表情で「カフェの雰囲気がとても単純ですね」と話し、笑いを誘ったキム・スヒョンは久しぶりの来日に「本当にうれしいです。特別なチャンスをいただいて、こうして来ることができたので、いつも以上に大きな気持ちになっています」と笑顔を見せた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング