「CNBLUE」ヨンファ、朝鮮時代のダルタニャンに?

Wow!Korea / 2014年6月12日 6時58分

左からイ・ジヌク、ヤン・ドングン、チョン・ヘイン、「CNBLUE」チョン・ヨンファ

俳優イ・ジヌクとヤン・ドングン、チョン・ヘインそしてチョン・ヨンファ(CNBLUE)が朝鮮時代の「三銃士」と「ダルタニャン」として活躍する。

チョン・ヘインはtvNドラマ「三銃士」で武士のアン・ミンソ役に決定。放送局関係者によるとアン・ミンソ役は、「三銃士」のオーディションで高い競争率を突破して最終決定されたという。

チョン・ヘインは、出演有力とされる俳優イ・ジヌクとヤン・ドングンとともに「三銃士」の仲間入り。また江原道の武人であり、貧しい両班出身で武科(武官を選ぶための科挙)に挑戦するパク・ダルヒャン役として出演が有力視されている「CNBLUE」のチョン・ヨンファを含めた4人を中心にドラマを展開していく見込み。

モチーフとなるアレクサンドル・デュマ・ペールの小説「三銃士」に出てくるアトス、ポルトス、アラミスは、今回のドラマ「三銃士」ではそれぞれ昭顯世子(朝鮮第16代国王仁祖の長男)、ホ・スンポ、アン・ミンソという人物になり、イ・ジヌク、ヤン・ドングン、チョン・ヘインの配役が有力とされている。ここに原作小説のダルタニャンとなるパク・ダルヒャン役は、チョン・ヨンファが出演するとされている。

この他にも昭顯世子の妃となる姜嬪役をソ・ヒョンジン、昭顯世子の恋人で後に裏切ることとなるチョ・ミリョン役にはユ・イニョンが確定している。さらに昭顯世子と対立するキム・ジャジョム役にはパク・ヨンギュが有力とされている。

ドラマ「三銃士」は朝鮮時代を背景に、昭顯世子とその護衛武士のホ・スンポ、アン・ミンソそして江原道から上京し武科に挑戦するパク・ダルヒャンが、朝鮮と清で繰り広げる活躍を描いたドラマ。

ドラマ「イニョン王妃の男」、「ナイン:9回の時間旅行」でシンドロームを起こした脚本家のソン・ジェジョンと、キム・ビョンス監督がタッグを組む超大作として多くの関心が寄せられている。

ドラマ「三銃士」は8月の放送を予定しており、1シーズン12話で3シリーズの計36話の制作を企画。さらにシーズン2は中国でのオールロケを計画している。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング