キム・ジュヒョク、イム・サンス監督新作で3年ぶりスクリーン復帰

Wow!Korea / 2014年6月22日 15時58分

キム・ジュヒョク

KBS2バラエティ番組「ハッピーサンデー 1泊2日」で人気を博している俳優キム・ジュヒョクが、3年ぶりにスクリーン復帰する可能性が高まった。

複数の映画関係者によるとキム・ジュヒョクは、イム・サンウ監督の新作「私の親友悪党たち」へ出演予定。詳細については、現在調整中だという。

「私の親友悪党たち」は金も家族もない女と男が、腐敗した社会の企業を相手に復讐していく過程を描く作品。「金の味」や「下女(ハウスメイド)」などを演出したイム・サンス監督の新作だ。

当初は、チョ・スンウ、キム・ヒョジンが出演を予定していたが、キム・ヒョジンは妊娠が判明し降板、制作が遅延していた。

キム・ジュヒョクは劇中、行動とは異なり、優雅で上品な話し方をする会長役を演じ、新たな姿を披露する予定だ。

今回、キム・ジュヒョクのスクリーン復帰は、2011年に公開された映画「カップルズ」以降、3年ぶり。現在は「1泊2日」を通して活躍中の彼が、スクリーンでどのような姿を披露するのか、注目が集まる。

これについてキム・ジュヒョクの所属事務所ナムアクターズの関係者は「オファーを受け、検討中」と明かした。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング