歌手チョ・ソンモ、15年ぶりに梅飲料広告に再び出演

Wow!Korea / 2014年6月27日 7時58分

チョ・ソンモ

韓国歌手チョ・ソンモが15年前に出演して話題を生んだ梅飲料の広告モデルに再び抜てきされたと所属事務所が26日、明らかにした。

チョ・ソンモは1999年に人気を博していた当時、ウンジン食品の緑梅広告で「君を噛んであげたい」という鳥肌の立つようなくさいセリフで話題となり、15年ぶりに再び同飲料の広告に出演することになった。

ニューアルバムをリリースしてカムバックしたチョ・ソンモがことし5月tvN「SNLコリア」に出演し、「梅の思い出」というコーナーを披露したのが広告再契約のきっかけになった。

彼はこのコーナーで「僕は君が好き、君も僕が好き?君を噛んであげたい」という過去のCMのセリフを再現して、この言葉を聞いた人々が手足を縮ませて倒れるという設定だ。

ウンジン食品はチョ・ソンモが「SNLコリア」に出演するという知らせを聞いて、観覧客が飲む700個の梅飲料と「私たちもこうなるとは思わなかった」というユニークな謝罪フレーズが込められた花輪を送った。またチョ・ソンモのコンサートにも観客が飲む2000個の梅飲料を無償で支援した。この話がオンラインで話題になるとチョ・ソンモの緑梅広告の再契約を要請するファンの応援が相次いだ。

ウンジン食品の関係者は「チョ・ソンモは緑梅と全盛期を共にしており、切っても切れない関係になった」とし「単純な契約関係で縛られたモデルと広告主ではなく、お互いの活動を積極的に支持する仲間になるだろう」と明らかにした。

一方、チョ・ソンモは来る27日から9月7日まで江南区(カンナムグ)大峙洞(テチドン)KT&Gサンサンアートホールで行われるミュージカル「カフェイン」に男性主人公として出演する。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング