【イベントレポ】日本初ファンミで優しい“男の中の男”「MR.MR」の魅力が炸裂!

Wow!Korea / 2014年7月8日 13時35分

日本初ファンミを成功裏に終えた「MR.MR」

「KMF2013」「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL 2014」「日韓友情フェスタ2014」と連続出演し、GFSC広報大使として、日韓とGFSCを応援している“男の中の男”「MR.MR」が7月5日(土)東京・新大久保K-Stage O!にて、「The First 1stオフィシャルファンミーティング~ First Love~」を開催。「MR.MRと恋する1週間」の2ndステージを大成功させた。

抜群の歌唱力と180cmを超える長身を活かした迫力のパフォーマンスで人気上昇中の「MR.MR」は昼、夜二回公演となるこの日、ミニライブでファンを熱狂させ、さらに、女性の心をくすぐるキュートな仕草で会場を魅了した。

メンバーの紹介映像からスタートしたイベントはいっぱいに詰めかけたファンの熱気で、会場の温度は一気に上昇!

ブラック&ホワイトを基調としたレザーの衣装で3.曲続けて披露した「MR.MR」のリーダー・ジン、テイ、ドヨン、チャンジェ、リュは黄色い声援を浴びながら、メンバー全員での恒例のあいさつ後、ジンは「今日は『First Love』ですが、みなさん、楽しいですか?」と呼びかけ、会場を盛り上げ、「今日はみなさんにお会いする為にたくさん、準備しました」と日本初となるファンミーティングへの意気込みを示した。

3日に来日し、「MR.MRと恋する1週間」のスタートを飾る韓国語特別講座が前日4日に行われ、特別講師を務めた「MR.MR」。「先生となって韓国語を教えてみていかがでしたか?」と聞かれたテイは「もちろん、楽しかったです!すごく楽しかったですが、僕たちが逆に(みなさんに)教えてもらいました。このような機会がたくさん増えて、“みなさんと交流する機会が増えたらいいな”と思いました」と述べた。

トークコーナーではタイトル「MR.MRと恋する1週間」にちなみ、メンバーの初恋の思い出やメンバーの特技も初披露され、会場を沸かした。

また、GFSCの広報大使を務める「MR.MR」はデビュー当時に着ていた思い出の衣装を「GFSCチャリティーオークション」に出品し、その売上金を寄付した。ライブコーナーではメンバー全員でのパフォーマンスはもちろん、ソロステージやコラボステージも用意し、ファンを熱狂させた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング