「A-JAX」ジェヒョン&「RAINBOW」ヒョンヨン、ドラマ「ヴァンパイアの花」OSTを発表

Wow!Korea / 2014年7月9日 16時51分

ウェブドラマ「ヴァンパイアの花」

ウェブドラマ「ヴァンパイアの花」OST(オリジナル・サウンドトラック)が連日、熱い反応を得ている中、9日正午、2曲の音源が相次いで公開された。

「ヴァンパイアの花」を通して、演技デビューに成功したグループ「A-JAX」ジェヒョン(ルイ役)が自ら歌ったテーマ曲「ここにいるよ」とガールズグループ「RAINBOW」のヒョンヨンが歌ったソヨン(キム・ガウン)のテーマ曲「私をあなたにあげる」が電撃公開された。

すでに、「ヴァンパイアの花」OST収録曲の中で、「A-JAX」の全メンバーが参加した曲「ヴァンパイアの花」は、ドラマをさらに豊かにしていると好評を得ており、各種音源サイトで人気を博している。これに、男女主人公の感情没入度を高めるテーマ曲が加えられ、さらに関心を集めることとなった。

特に、これら2曲は「ヴァンパイアの花」で熱演を繰り広げているジェヒョンとヒョンゴンがそれぞれ作詞、作況に参加し、これまでベールに包まれていた才能を発揮し、さらに注目を集めている。

自身のテーマ曲を自ら作詞、作曲し歌ったジェヒョンは「愛していたのに別れることになり、胸が痛いときに感じる思いを込めたかった。淡々としているが、その中に悲しい感情を表現しようと努力した」とし、「ここにいるよ」を誕生させた背景を明かした。

また、「私をあなたにあげる」を制作したヒョンゴンは「ソヨンの気持ちを表現しようとたくさん悩みながら完成させた楽曲」と紹介した。

一方、ウェブドラマ「ヴァンパイアの花」は、ヴァンパイアロードになるためヴァンパイアの花を探しに出たルイと、彼の協力者になろうとヴァンパイアの世界に入り込んだソヨンのロマンスを描いた作品。

また、「ヴァンパイアの花」側は9日午後7時より、再生回数100万回突破の公約を果たすため、明洞(ミョンドン)でダンスパーティーを開催する計画だ。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング