「GOT7」と「100%」が“ナムチンドル”に変身

Wow!Korea / 2014年7月10日 13時31分

上段「GOT7」、下段「100%」(提供:JYPエンターテインメント、TOP MEDIA)

強烈なコンセプトで重装備したアイドル界で彼氏のように親近感があり愛らしいイメージでファンの心をつかんだグループがある。「GOT7」と「100%」だ。デビュー当時はパワフルなパフォーマンスと男性美を見せた彼らだけに、親近感のある「ナムチンドル(彼氏にしたいアイドル)」としてカムバックしたことは、よりうれしく感じる。

華麗なマーシャルアーツトリッキング(武術的な要素とB-BOYスタイルを取り入れたもの)で歌謡界に強烈な印象を与えた「GOT7」は、新曲「A」では“親しい彼氏”に変身した。デビュー曲「Girls Girls Girls」では、派手なパフォーマンスと難易度の高い振り付けで釘付けにしてきたが、新曲「A」では見ているだけで笑みがこぼれてしまう。

派手な部分は少し置いて、もう少し気楽で愛らしさを強調した「GOT7」の変身は、新しい魅力となっている。「A」はパク・チニョンが作詞、作曲を手がけた作品で、相手の本音が分かっているのに隠そうとする時に使う「エイ」言葉を英語で表現したもの。相手をからかうような指を使ったダンスは、聞く楽しさに見る楽しさを加えている。

「GOT7」に続き、「ナムチンドル」として変身した「100%」は、「U Beauty」という爽やかな夏のナンバーでカムバックした。「100%」は「BADBOY」でデビューし、「Want U Back」、「心臓が高鳴る」などで強くて重みのあるパフォーマンスを見せてきた。今回の新曲はこれまでの雰囲気からコンセプトまでガラリと変えた。

目の力を抜いてカリスマ性を押さえたステージで、「100%」はニコニコ笑いながらステージを楽しむ姿を見せた。「100%」のトレンドマークである「カル(刀)群舞」も忘れてはいない。迫力のある「ナムチンドル」として変身した「100%」が、これからは親しみを持って歩み寄ってくる。汗を流しながら歌う彼らが、愛らしさまで見せるのだ。

「ナムチンドル」になった「GOT7」と「100%」は歌だけでなく、外見的にも大きく変わった。これまで無彩色で強い印象を見せていた彼らは、新曲では明るい色のラフな格好で、パフォーマンスも可愛らしいダンスがポイントになっているのだ。もちろん顔には明るい笑みが浮かんでいる。

「ナムチンドル」というコンセプトは、ファンがより親しみやすくなる機会を与えることになる。「ナムチンドル」に変身した「GOT7」と「100%」は、親しみやすさをアピールしている。彼らの努力はファンに届くのか、期待が高まる。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング