≪ドラマNOW≫「朝鮮ガンマン」イ・ジュンギ、妹にも名乗れず血の涙を流す

Wow!Korea / 2014年7月17日 22時48分

ドラマ「朝鮮ガンマン」よりキャプチャー

※ネタバレになる内容が含まれています。

ドラマ「朝鮮ガンマン」のイ・ジュンギが妹を知らんフリして血の涙を流した。

17日に放送されたKBSドラマ「朝鮮ガンマン」では妹ヨナ(キム・ヒョンス)に会うユンガン(イ・ジュンギ)の姿が描かれた。

ユンガンはウォンシン(ユ・オソン)の罠にかかった。ウォンシンは、日本人ハンゾウがユンガンであると考え、ユンガンの妹ヨナを自分の家の使用人にして、二人を会わせるようにした。

3年ぶりに兄に会ったヨナは、ユンガンの胸にしがみつき「お兄さん、私です。ヨナです」と言い、涙を流したが、ユンガンは涙をぐっとこらえ「誰が兄さんだって?おかしな人だ。どきなさい」と残酷に言うと背を向けた。

ユンガンは門の外でウォンシンが見ていることを知り、ヨナの頬を叩いて「朝鮮にはおかしな人が多いんだな」と毒舌を吐いた。ユンガンはウォンシンに「どこであんな子を連れてきたんだ?使用人の管理はどうなんているんだ」と怒って見せ、危機を逃れた。

しかしウォンシンは、初めにヨナを見て驚いたユンガンの表情を確認していたはず。ウォンシンはユンガンの姿に薄ら笑いを浮かべた。

ユンガンもその場を離れると泣き崩れてヨナの名前を叫んだ。ユンガンは「兄さんが悪かった」と言い、血の涙を流した。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング