「EXO」TAO、海外ロケで負傷…帰国後に治療

Wow!Korea / 2014年7月28日 15時6分

「EXO」TAO

アイドルグループ「EXO」のメンバーTAOが、SBSバラエティ番組「ジャングルの法則 in ソロモン諸島」撮影中に負傷し、帰国後、治療を受けることがわかった。

所属事務所SMエンタテインメント側は28日午後、韓国メディアとの電話取材に応じ「『ジャングルの放送』のロケ地、ソロモン諸島で右足をサンゴ礁で切る負傷を負った。TAOは現地ドクターからすぐに治療を受け、経由地であるシンガポール、その後、中国で検査および治療を受けた」と説明した。

以降、TAOは27日午後、中国・長沙で開かれた「EXO」単独コンサートのステージへ。関係者は「無理がかからない程度にステージを消化した」とし、「『EXO-M』は中国でスケジュールが残ってるが、TAOは韓国へ帰国し、追加の治療を受ける予定」と伝えた。

一方、TAOを含む「god」キム・テウ、DANA、「BEATS」ギグァン、キム・ギュルらが出演する「ジャングルの法則 in ソロモン諸島」は来る8月、韓国で放送予定だ。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング